話題
2018/1/21 21:00

「1960年代のタオちゃんが可愛い!」 セーラー服姿の土屋太鳳がタイムスリップする動画が話題!

2017年10月5日より、「アシックスジャパン」が「Hello Me」というショートムービーの配信を開始。土屋太鳳を主演に据えたストーリー性の高い動画に、「映画みたいなクオリティーで笑った」と絶賛の声が上がっている。

出典画像:「Hello Me」特設サイトより
出典画像:「Hello Me」特設サイトより

 

女子高生の土屋太鳳が現代にタイムスリップ!?

同ショートムービーのあらすじは、土屋太鳳演じる1960年代の女子高生・タオが現代の渋谷にタイムスリップしてしまうというもの。タオは未来での生活に戸惑いながらも、ある時ふと見かけた現代社会で活躍する女性“土屋太鳳”に憧れを抱くようになり、新しい一歩を踏み出していく物語となっている。

 

さらに動画には、タイムスリップした先で倒れていたタオを助ける青年・カイ(役・カイ)や、彼が働いているレコードショップ「53」の店主・シン(役・三田村賢二)といったキャラクターも登場。彼らとの出会いも、元の時代で将来の目標が定まらず不安を抱えていたタオを成長させていくようだ。

 

そんな独特な世界観を持つショートームービー「Hello Me」は、「アシックス」の新たなブランドイメージ「I MOVE ME(ワタシを、動かせ。)」を発信するための動画。全10話の配信が予定されており、1月12日現在では第5話「暗転」まで公開されている。

 

映画さながらの演出や、キャスト陣の演技、そしてここぞという場面で流れるサンボマスターが制作した挿入歌には、心を動かされた人も多い模様。ネット上では「格好良すぎるだろ… 映画の予告かな?」「カイくんと太鳳ちゃんのコンビが最高すぎる!」「サンボマスターの曲めっちゃいいな」「早く続きが見たい! 早く!」といった声が上がった。

 

2人の“タオ”にファン大歓喜!

「Hello Me」では土屋が女子高生役と“本人役”という1人2役を演じており、どちらの役も大好評。「1960年代のタオちゃんのセーラー服姿が素朴で可愛い!」「土屋太鳳(本人)の謎めいた感じが好き」との声が上がっており、ファンにとっては1粒で2度おいしい動画となっているようだ。

 

そんな土屋は昨年10月に「アシックス」のブランドアンバサダーに就任しており、関連イベントや商品開発にも参加していくとのこと。土屋は就任を受けて「女優として、そしてスポーツに育てられスポーツを愛し続ける者の一人として、アスリートの方々とは少し違う視点や感覚から、より深く広く楽しく、アシックスの魅力を全力でお伝えしていけたらと思っております」と意気込みを語っていた。

 

ちなみに今回の「Hello Me」には、「ひたすらカイくんが格好良い!」「カイくんの『とりあえず服着よ?』って台詞がめっちゃキュンキュンする!」との声も寄せられており、作中に登場する“カイ”にも注目が集まっている模様。現代の渋谷で出会ったタオとカイはどのように成長していくのか、動画は3月上旬まで随時公開されるので今後の展開も楽しみだ。

 

「Hello Me」特設サイト

https://www.asics.com/jp/ja-jp/blog/hellome

TAG
SHARE ON