話題
2018/1/23 11:00

「いま急速に梅干しが進化してる」マツコ・デラックスが“梅干しの世界”に驚愕!

1月16日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)では、“梅干の世界”がテーマに。様々な梅干しが紹介され、マツコ・デラックスや視聴者を驚かせていた。

出典画像:「マツコの知らない世界」公式サイトより
出典画像:「マツコの知らない世界」公式サイトより

 

「ガッテン」立川志の輔の一人息子が梅干しの世界を紹介

今回番組に登場したマニアは、全国300種類の梅干しを食べ歩いてきた竹内順平。なんと落語家・立川志の輔の一人息子なのだが、24歳で何故か「梅干しを知る旅」に出て全国を渡り歩き、26歳で梅干しの魅力を伝える会社を設立。現在も“梅干しプロデューサー”として活躍している。

 

そんな竹内がまず紹介したのは、昔ながらの王道梅干し「杉田赤しそ梅干(延楽梅花堂)」。強烈な酸味と梅本来の豊かな風味が味わえる梅干しなのだが、一口食べたマツコは「うおおおおお!」としょっぱさに大絶叫していた。しかしその後に「あ、でもおいしい!」「食べたことありそうでないわ、こんな梅干し」と絶賛。77歳の女性職人がたった1人で手作りしたこだわりの梅干しに、「今まで大した梅干し食ってなかったんだな」「これが梅干しなのね」と驚いていた。ちなみにこの梅干しは、粒の大きさによっては1粒350円ほどするとのこと。

 

さらに「いま急速に梅干しが進化してる」という竹内は、ユニークな最新の梅干しも紹介した。例えば燻製料理店「TE kara TE」が販売している「燻製梅」は、その名の通り燻製された梅干し。桜チップでいぶされており、梅干しの酸味がマイルドになっている。

 

そのほか番組には、キムチ風味の「キムチ梅(不動農園)」や、オリーブオイルに漬け込んだ梅干し「オリーブオイルしらら(中田食品)」などが登場。ユニークな梅干しの数々に、視聴者からは「『マツコの知らない世界』を見たせいで梅干し食べたい病にかかった」「一度でもいいから高級な梅干しを食べてみたい」「見てるだけで涎が止まらなくなる企画だな」「ガッテン師匠の息子さんって梅干しプロデューサーだったのかよ!(笑)」といった声が相次いだ。

 

日本一高い梅干しの値段とは?

番組で紹介されたもの以外にも、日本には様々な梅干しがある。まずは“日本一高価な梅干し”とされている「丙申年の梅 五福」。12年に一度しか販売されない限定品で、最近では2016年に発売されたばかり。値段は1.8kgだと10万8000円で、たった1粒だけでも3240円。この梅干しは2017年6月の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に登場しており、実食したMCの後藤輝基は「結構な塩味やね!」と驚いていた。

 

また、紀州南高梅の生産量日本一を誇る和歌山県には、梅干しが出てくる“ガチャポン”が。「JA紀州 ほんまもんふるさと産地直売所」などに設置されており、カプセルには白干、はちみつ、しそ、こんぶの4種類の梅干しが入っている。さらに通常は2Lサイズの梅干しが出てくるのだが、ごく稀に4L~5Lの大粒梅干しも出てくるとのこと。

 

かなり奥が深い梅干しの世界だが、「マツコの知らない世界」に登場した竹内曰く、最近では日本人の梅干し離れが進んでいる模様。「普段はあまり梅干しを食べない!」という人も、これを機に梅干しの世界へ足を踏み入れてみてはいかが?