話題
2018/1/26 17:00

2018年は主演映画が2つも控えている! 「烈車戦隊トッキュウジャー」出身の横浜流星が話題沸騰中!

日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。この記事では、次にキそうなブレイク間近の有名人を紹介! 今回紹介するのは、俳優の横浜流星。

 

特撮ヒーロー出身のイケメン俳優!

名前と同じく出身地も神奈川県横浜市だという横浜流星は、小学校6年生の時に家族と行った原宿でスカウトされて芸能事務所に所属することに。横浜が特集された記事の中では、「目立ちたがり屋なところもあったのでやってみたい」と積極的な発言をしている。


そんな横浜が注目されたのは、2014年から放送されていた「烈車戦隊トッキュウジャー」の緑・ヒカリ役に抜擢されたことから。気分屋でちょっとわがままなクールガイという役どころを見事に演じ、「流星君のツンツンした態度がたまらない」「子どもと見てた『トッキュウジャー』で緑の人が一番カッコいい」「流星君見たさに『トッキュウジャー』見てる」などの声が続出して話題を集めることに。

 

一躍世間に名を広めた横浜は、2015年に公開された舞台「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜」で主人公の日向創役をこなし、さらにファンを増やしていった。


俳優としてのキャリアを順調に積み重ねている横浜だが、中学生のころは特技である空手で国際大会に優勝するほどの腕前。当時は空手にばかり集中しており、お芝居のレッスンにはあまり行っていなかった様子。しかし2013年に出演したテレビドラマ「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」がきっかけで演技にのめり込んでいったのだとか。インタビューで横浜は、主役である本郷奏多の演技を間近で見て強い刺激を受けたと語っている。

 

2018年はさらなる活躍が期待されるなか、今春公開予定のラブコメ映画「兄友」で主役に大抜擢。同作で初の映画単独主演を務めることになった横浜は、「とてもプレッシャーはありますが、楽しく演じさせて頂いています」と前向きなコメントを寄せた。

 

そしてなんと「兄友」だけではなく、今年の7月に公開予定の「虹色デイズ」でも主役の男子高校生の1人に選ばれており、ネット上では「流星君最近めちゃくちゃすごい! 『兄友』は絶対に見に行く!」「横浜流星って『トッキュウジャー』の人なんだね。やっぱり特撮ヒーロー系はイケメン多いわ」「2つも映画の主役やるとか今年は絶対流星が話題の人になるね」といった声が上がっている。


2018年は横浜にとって大忙しの1年になりそうだ。

 

プロフィール
名前:横浜流星(ヨコハマリュウセイ)
生年月日:1996年9月16日
出身:神奈川県
趣味:音楽鑑賞
特技:空手

TAG
SHARE ON