話題
2018/3/7 17:30

「なにこのオッサン泣かせのVRゲーム」 大量破壊VRシューティング「ギャラガフィーバー」登場!

VRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」に、3月9日から大量破壊VRシューティング「ギャラガフィーバー」が登場。懐かしのゲームをVRで体験できるとあって、「これはプレイしたい!」「なにこのオッサン泣かせのVRゲーム」と話題を呼んでいる。

出典画像:「VR ZONE SHINJUKU」公式サイトより
出典画像:「VR ZONE SHINJUKU」公式サイトより

 

「ギャラガ」が最新のVR技術で蘇る!

同ゲームは、1981年にアーケードゲームとして稼働を開始したゲーム「ギャラガ」をベースにしたもの。ナゾの生命体「ギャラガ」が宇宙から次々と地球に攻めてきたという設定で、プレイヤーは武器を手にギャラガを撃ち倒していく。

出典画像:「VR ZONE SHINJUKU」公式サイトより
出典画像:「VR ZONE SHINJUKU」公式サイトより

 
公式サイトではゲーム紹介動画も公開されており、プレイヤーはブースに入るとヘッドセットを装着。スゴ腕サイエンティストのマッド博士から指示を受けると、マシンガンを模した武器を携えて仮想空間内の地上150mのポイントへと向かう。バトルシーンでは大小さまざまなギャラガが攻めてくるようすが展開。プレイヤーもマシンガンで迎撃して、破壊されたギャラガはキラキラと輝くキューブ状に分解して飛び散っていた。
 
「ぜーーーんぶ、こわしちゃえ!」のキャッチコピー通り、撃って撃って撃ちまくり敵を破壊するアクションが魅力の同ゲーム。ゲームファンからの注目度も高く、ネット上には「やばい、めっちゃ楽しそうwww」「高いところ苦手だけど、これはプレイしてみたい…」「まさか『ギャラガ』がVRゲームとして蘇るなんて思わなかった!」「ギャラガ愛を感じるVRゲームだね」「ラスボスの超巨大ギャラガを倒す爽快感ハンパなさそう!!」といった声が相次いでいる。
 

VRだからこその臨場感!

「ギャラガフィーバー」がプレイできる「VR ZONE SHINJUKU」は、2017年7月に新宿にオープンした国内最大級のVR施設。2016年には東京・お台場で「VR ZONE Project i Can」としてオープンしていた時期もあり、最先端のVR技術&独自の体感マシンによる没入感と現実感を3万7千人もの人が体験していた。
 
「VR ZONE SHINJUKU」では、これまでにも「ドラゴンボール」や「エヴァンゲリオン」といった人気コンテンツのVRアクティビティを展開。「VRかめはめ波を放ったら、えげつないくらい地面がえぐれて笑った」「かめはめ波を撃つという子どもの頃からの夢がVRのおかげで叶いました」「コックピットから見るエヴァの世界観に感動した!」と利用者を楽しませている。

出典画像:「VR ZONE SHINJUKU」公式サイトより
出典画像:「VR ZONE SHINJUKU」公式サイトより

 
VRアトラクションとして蘇った侵略者・ギャラガを、思う存分撃ち落としてみては?

TAG
SHARE ON