話題
2018/3/30 10:50

スシローの“マダガスカル生えび”に興奮の声続出!「エビ好きさんは早く行って!!」

回転寿司チェーン店の「スシロー」が、期間限定で「マダガスカル生えび」の提供を開始。ネット上で「スシローファンとして“食べない”という選択肢はない」「生えび好きなので心底惹かれるメニュー!」と盛り上がりをみせている。

出典画像:「スシロー」公式サイトより

 

マダガスカルからやってきた“優良えび”

3月23日から販売されている「マダガスカル生えび」は、スシローが展開する「世界の海からいいネタ100円PROJECT」の一環。同プロジェクトは“世界の広い海をもっと見渡し、本当にうまい魚を、貝を、もっともっと見つける”“世界の生産者とともに、妥協のないネタを届ける”といったコンセプトを掲げている。

 

「やるからには、毎月100円で」と宣言されている通り、1皿1貫100円(+税)で提供される同メニュー。マダガスカル島はアフリカ大陸の南東に位置しており、きれいな水で育ったということもあって「マダガスカル島にこんなにうまい海老がいた!」というコピーが食欲をそそる。“フランス公認・優良えび”のお墨付きで、鮮度も抜群だという。

 

同メニューはぷりぷりとした生えびの輝きが美しく、歯ごたえをしっかり堪能できる肉厚の身も特徴だ。提供が告知されるとネット上にはさっそく「マダガスカル産のエビ? 食べてみたい!」「マダガスカルから遠路はるばる… それは美味しく頂くのが客としての務め」といった声が続出。販売が始まると、「こいつぁ美味いな!」「優良えびだけあって美味。これはハマるね」「ネタも新鮮だしまた食べに行かなきゃ」「今日ようやく食べてきたけどエビ好きさんは早くスシローに行って!!」といった感想が相次いでいる。

 

濃厚な“うに”の味わいも話題

「世界の海からいいネタ100円PROJECT」では、2月28日から期間限定で「濃厚うに包み」が1皿1貫100円(+税)で提供されていたことも話題。小ぶりなサイズながら、チリ産のうにを使用して低価格での販売を実現していた。うにの濃厚な味わいにノックアウトされるスシローファンも多く、「最高の味わいでした」「うにが100円で食べられるんだよ? 嬉しすぎるわ」「味がしっかりしていて家族そろって楽しみました~」「お腹いっぱいうにを堪能できて幸せ」といった喜びの声が広がっていた。

 

「マダガスカル生えび」は当日販売分が完売し次第終了となるので、食べ逃すことがないよう早めに注文したほうが良さそうだ。

TAG
SHARE ON