話題
2018/4/20 11:15

「トニー・ザ・タイガー、別人やん」ケロッグ シリーズのビンテージパッケージ化が話題

シリアル食品の「ケロッグ」シリーズから、数量限定の“ビンテージパッケージ”3種類が登場。懐かしいキャラクターデザインでの発売に、ネット上で「こんなデザインだったとは知らなかった!」「トニー・ザ・タイガー、別人やん」と話題のようだ。

出典画像:プレスリリースより

 

ビンテージパッケージは10%増量!

ビンテージパッケージの発売は「ケロッグ」製品の日本発売55周年を記念してのもので、トニー・ザ・タイガー、ココくん、メルビンを対象にビンテージ風パッケージとして新しくデザイン。ビンテージパッケージの発売に伴い、「コーンフロスティ」「ココくんのチョコワ」「ココくんのチョコクリスピー」の内容量が10%増量されている。

 

今回のビンテージパッケージ化で、人気キャラクターの“初登場時の姿”を知ったという愛好家も多かった様子。ネット上には「むかしのトニー・ザ・タイガーの方が可愛らしいデザインだったんだね」「トニー・ザ・タイガーの初期デザイン、記憶にちょこっと残ってる!」「子どもの頃から朝の主食だったけどこのキャラデザは見たことなかったわ」「最近見かけなくなってたメルビンもいる!」といった声が相次いだ。

 

トニー・ザ・タイガーの懐かしい姿

1963年に「コーンフロスト」(現:コーンフロスティ)が発売された当時は珍しかった“シリアル”も、現在では「朝食の定番メニュー」として定着。栄養バランスも満点で忙しい朝でも手軽に朝食の準備ができるとあって、日本国内でも広く親しまれている。

 

アメリカで誕生した“トニー・ザ・タイガー”は、コーンフロストの発売以来歴代キャラクターとして親しまれてきた。今でこそケロッグを代表するほどの人気を確立しているが、初登場時は横にぼてっとした顔が印象的。チャームポイントの赤いスカーフは同じながら、現在のデザインほど筋肉質なイメージがないのも特徴だ。

出典画像:プレスリリースより

 

ちなみに「チョコワ」は日本オリジナルの製品で、初代キャラクターを務めたのが“メルビン”。子どもたちと元気に踊るテレビコマーシャルで人気を博したが、現在はチョコクリスピーと同じく“ココくん”がパッケージキャラクターを務めている。

出典画像:プレスリリースより

 

当初からのケロッグファンには懐かしく、現在の子どもたちには新鮮に映るビンテージパッケージ。売り切れてしまう前に、ぜひその目で確かめてほしい!

TAG
SHARE ON