話題
2018/4/28 10:00

目覚ましのアラームを自分の声にするとすぐ起きられる!?「ハナタカ! 優越館」で紹介された裏ワザが話題

4月12日放送の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館」で、“絶対やりたいハナタカ技”が紹介された。簡単に試せるちょっとしたアイデアが次々と披露され、ネット上で関心を集めている。

出典画像:テレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館」より

 

新聞紙の意外な活用法

まずは「新聞紙で窓を掃除すると拭き汚れが残りにくくなる」というワザ。雑巾で窓を拭くと、どうしても繊維がガラスにこびりついてしまう。そんなときに有効なのが、濡らした新聞紙で拭くという方法。新聞紙は繊維が細いため濡らして拭くとブラシをかけたようになり、さらにインクの油分でツヤ出し効果も期待できるので一石二鳥のアイデアといえるだろう。

 

お次は滑りが悪い引き戸をスムーズに動かすためのワザで、その方法は引き戸の上下の溝にパウダー入り制汗スプレーを吹きかけるだけ。パウダーのサラサラ成分が隙間に入ることで摩擦が減って滑りやすくなるという理屈で、余り物で試してみるのもいいかもしれない。

 

お弁当を詰めたときに気になる、中身の片寄り。そんなときに試してみたいのが“傾斜をつけてご飯を詰める”という方法だ。傾斜部分におかずを被せるように乗せると片寄りが抑えられるというアイデアで、これはご飯を斜めに入れることで“押す力”が分散して片寄りにくくなるためだとか。

 

“豆腐で生チョコ”に絶賛の声!

スタジオでも絶賛されたのが“豆腐が生チョコレートになる”方法。これは水分をきった豆腐をすり潰し滑らかにして、溶かしたチョコに混ぜ合わせて完成させるもの。豆腐を滑らかにすることで生チョコのとろける食感が生まれるようで、スタジオで行った試食でも「完全に生チョコ!」「豆腐を探しても無理」「美味しい!!」といった感想が相次いだ。

 

お寝坊さん必見のハナタカ技は、目覚まし時計のアラーム音を自分の声にするとすぐに起きられるというもの。なんと心理学的に実証済みの方法で、心理学者は「自分の声をアラームに吹き込むことで、『何時何分に自分が起きるんだ』と未来の記憶を作ることになり目が覚めやすくなる」と語っている。

 

続々と登場するアイデアの数々に視聴者も釘づけになっていたようで、ネット上には「豆腐で生チョコのハナタカ技、試してみようかな」「自分の声ですぐ起きれるなんて不思議な感じwww」「こういうアイデア発見する人ほんと凄いと思うわ」などの声が続出。活用できるハナタカ技があれば、ぜひ実践してみてほしい!

TAG
SHARE ON