話題
2018/5/4 19:30

舞台は日本全国!? “究極の宝探し”実現を目指す宝探し専門会社の支援プロジェクトが話題

世界で唯一“宝探し”をビジネスとして提供している宝探し専門会社タカラッシュが、新たなワクワクを生み出すべくCAMPFIREでクラウドファンディングを開始。既に目標額を上回る支援が寄せられており、宝探しファンから大きな注目を浴びているようだ。

出典画像:「宝探しで最高のワクワクを!手加減なし。全国を舞台にした究極の宝探しを創りたい!」CAMPFIRE より

 

プロジェクトを立ち上げた理由とは?

同社が創業したころのイベント参加者は年間数百人程度だったが、いまでは年間200万人以上が参加する「遊び」に成長。ニッチなエンターテインメントだった宝探しがメジャー化し、“マニアック”なイベントから“誰でも楽しめる”サービスへと変化していった。

 

しかしその結果として、プロジェクト発起人は「宝を見つける難易度の低下や大人数が参加可能な仕組みの導入など、宝探しを愛するファンの方々にとっては物足りなさを感じさせてしまう要因ともなっていたのかもしれません」と指摘。ファンが心から楽しめる宝探しを目指すために今回のクラウドファンディングを成功させ、「“究極の宝探し”を作り、宝探しを愛する方々に、最高のワクワク体験を届けたい!」と思いを明かしている。

 

“究極の宝探し”を提唱

“究極の宝探し”について発起人は、「宝を全員が見つけられるという概念を取っ払いたい」と宣言。日本全国を舞台に宝が隠されている場所を自分で突き止め、その暁には「おめでとう!」の一言ではなく“報酬が手に入る仕組み”を創りたいとしている。また誰でも無制限に宝を探せるのではなく、新設の“プレミアムハンター会員”のみが“究極の宝探し”への参加が可能になるという。

出典画像:「宝探しで最高のワクワクを!手加減なし。全国を舞台にした究極の宝探しを創りたい!」CAMPFIRE より

 

リターンには、プレミアムハンターの権利をはじめとした複数のコースを用意。残り63日(4月25日現在)で既に目標達成率は130%を記録するなどファンからの関心も高く、ネット上には「日本全国を舞台にって、すげーな」「参加したいので応援します!」「本物のトレジャーハンターみたいで面白そう」「私もタカラッシュのイベント大好きだから実現に向けて頑張ってほしい!!」といった声が相次いだ。

 

同社では、宝の発見のためには「学ぶこと」「調査・聞き込み」「体力の必要な活動」などが発生する可能性を指摘。「体力的、時間的、精神的ストレスをご了承の上、参加の決意をお願いいたします」としている。イベントが実現したら、心ゆくまで宝探しを楽しんでほしい!