話題
2018/5/15 6:00

芥川賞を二人も輩出! 驚きの小説講座の講師が書いた指南書がAmazonランキングの話題に!

世間で注目を集めている商品が一目でわかるAmazon「人気度ランキング」。さまざまなカテゴリの注目商品がわかる同ランキングだが、商品数の多さゆえに動向を追いかけられていない人も少なくないだろう。そこで本稿では、そんなAmazon「人気度ランキング」の中から注目の1カテゴリを厳選。今回は「本」のランキング(集計日:5月11日、朝)を紹介していこう。

 

人気マンガのキャラクターを表紙にした“筋トレ本”が話題

●10位『プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ』(ポール・ウェイド・著/山田雅久・翻訳/CCCメディアハウス・刊/2160円)

出典画像:Amazonより

 

全米ベストセラーの筋肉トレーニング本が10位にランクインした。同書が提唱する自重力トレーニングは、バーベルやマシンで一個一個の筋肉を増やしていくのと違い、自らの体重を利用。自宅や公園など、短時間でどこでもできる上に無理なく本当の強さを身につけられる。

 

著者のポール・ウェイドは、凶悪犯を収監する監獄を渡り歩いてきた本物のプリズナー(囚人)。伝説的強さを誇る恐ろしい受刑者たちや膨大な書物から、トレーニング・テクニックを学んでプログラム化したそう。囚人繋がりからか、カバーイラストには人気マンガ「バキ」シリーズに登場する囚人「ビスケット・オリバ」を起用。ショットガンの散弾さえ弾き返すオリバの輝かしい肉体に、思わず興味を持ってしまう人が続出した。

 

ネット上には、「最近よく耳にする“プリズナートレーニング”調べてたら表紙がオリバでめちゃくちゃ笑った」「いや、オリバみたいな肉体にはなりたくないよ? でもこの表紙は買っちゃうでしょ(笑)」「本当にオリバのような筋肉を身につけられたらスゴいかも…」「海外の囚人にはオリバみたいな人がいたのか気になる」などの声が上がっている。

 

●9位『クラーク記念国際高等学校 by AERA(AERAムック)』(朝日新聞出版・刊/907円)

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON