話題
2018/5/28 10:00

【本日スタート】「シチズン100周年記念」のタッチ&トライイベントが話題! 限定モデルの展示・試着も

「シチズン時計」(以下シチズン)の創業100周年を記念した特別イベント「CITIZEN 100th Anniversary Touch&Try Event」が、5月28日から開催される。シチズンの「過去・現在・未来」を感じられるイベントとあって、時計愛好家から熱い視線を浴びそうだ。

出典画像:シチズン100周年スペシャルサイト より

 

シチズン100周年記念モデルをチェック!

同イベントは東京・ミッドタウン日比谷を皮切りに、名古屋、大阪、福岡、札幌の全国5都市で展開。イベントスペースは、シチズンの“今”を象徴する「LEDシンボルクロック」を中央に配置しながら各コーナーが構成される。

 

“タッチ&トライ”コーナーでは、新しい100年に向け「はじまりの時」をテーマにブランドを横断した6つの100周年記念限定モデルを展示。薄さ1.00mmという世界で最も薄い光発電時計「Eco‐Drive One(エコ・ドライブ ワン)」も展示され、それぞれ試着して機能やデザインを体感できるのでぜひチェックしてほしい。

 

定期的な電池交換が不要の光発電(エコ・ドライブ)時計として展示・紹介されるのが、非売品のコンセプトモデル「Calibre 0100」。3月に開催された「BASELWORLD2018」にて発表されたアイテムで、時計で初めて「エコマーク商品」に認定されている。年差±1.0秒の“超高精度エコ・ドライブムーブメント”として、世界で最も正確な時を刻み続けるというから驚きだ。

出典画像:シチズン100周年スペシャルサイト より

 

シチズンの歴史と技術力に触れる

ほかにも、100年に及ぶシチズンの歴史をデジタルポップアップで触れる歴史展示コーナーを設置。技術紹介コーナーでは、「エコ・ドライブ」「スーパーチタニウム」「GPS衛星電波時計&電波時計」など、シチズンの革新的なテクノロジーと熟練の技能が紹介される。

 

ユーザーから長年愛されているシチズンの100周年イベントとあって、ネット上には「100周年記念限定モデルが超気になる!」「実際に試着できるのはいいね。いろいろ確かめたくなっちゃう」「東京のみだったら行けなかったけど、名古屋でも開催してくれるのはありがたい」「腕時計はシチズン派なのでぜひ行ってみたいイベント!!」といった声が続出。

 

未来に向け進化を追求し続けるブランド・シチズン。その魅力や価値観まで含めて、じっくりとイベントを楽しんでみては?

TAG
SHARE ON