話題
2018/5/23 20:50

日清食品、本気出す。「日清焼そばU.F.O」専用アイテム「キャベバンバン」に熱視線

「日清焼そばU.F.O」の湯切り時に誰もがぶつかる難問に応えるべく、画期的なアイテムが爆誕!“ふたの裏”に付着するキャベツをなくすために生み出された「キャベバンバン CBB‐001」(以下「キャベバンバン」)の予約が始まり、「努力の方向性が面白いwww」と話題を呼んでいる。

出典画像:日清食品グループ オンラインストア より

 

開発努力が重ねられた「キャベバンバン」

日清食品グループのオンラインストアで、5月17日より予約がスタートした「キャベバンバン」。ふたにキャベツが付着されたまま捨てられてしまうのを解消するため、日清食品が開発した「U.F.O.専用キャベツ落としデバイス」(大盛り、プチサイズは不可)だ。

 

同アイテムはゴムの弾性に着目した「マルチ・ラバー・ヘッド」機構を搭載。同心円状に広がる複数の振動を起こし、スマートにキャベツを除去することで“フードロス”につなげる。さらに、湯切りから食後のゴミ捨てまでを自然な動きで行える“ダイレクトモーション設計”を採用し、ヒューマンエラーを最小限に抑える配慮がなされた。

出典画像:プレスリリースより

 

開発段階では、一般的なテストに加えて環境や時間帯を変えた試験を数百回実施。キャベツが張りつきやすいポイントをデータ化し、複数のモックによる除去実験によって「ふた裏キャベツ」の除去率81%(日清食品調べ)を達成している。

 

カップ焼きそば用のアイテムだけに熱い視線が注がれ、ネット上では「これが日清の技術革新か…!(笑)」「なんかカッコいいし、台所にあっても良いんじゃない?」「キャベツ除去云々の前になぜか笑ってしまう」「フードロスに対する日清の本気度、確かに受け止めたぜ!!」といった声が続出。ただし、「キャベバンバン」は5月31日午前10時までに予約が1000個に達した場合のみ販売されるので注意しよう。

 

日清食品の遊び心が満載!

日清食品グループでは3月から「#キャベバンバン」プロジェクトを推奨。こちらは「キャベバンバン」を使うものではなく、ふたを指で弾いてキャベツを落とすというアナログの方法を採用している。ちなみに公式ページ内では、お笑い芸人・ひょっこりはんが持ちネタを交えながら方法を指南。ほかにも日産が推奨する「#猫バンバンプロジェクト」ページへのリンクがなぜか貼られ、ページの体裁を真似るなど遊び心が随所に盛り込まれたプロジェクトページになっている。

 

フードロスを解消するべく考案された「キャベバンバン」。「日清焼そばU.F.O」を食べる際の必須アイテムにしてみては?

TAG
SHARE ON