話題
2018/5/30 10:00

「ヒルナンデス!」に“プチプラリメイク”の達人登場! 多彩な収納アイデアに驚きの声

5月22日に放送された「ヒルナンデス!」に、“プチプラ(プチプライス)リメイク”の達人が登場。団地の一室をナチュラルカントリー風にリメイクしたなかで、驚きの収納アイテムの数々が紹介されて話題を呼んでいる。

出典画像:「ヒルナンデス!」日本テレビ公式サイトより

 

収納棚作りに便利なDIYブランド「ラブリコ」

ギャル曽根、いとうあさこらが訪れたのは、2LDK・家族6人の達人宅。玄関には床から天井に向かってハンドメイドの靴棚が置かれ、さっそくギャル曽根たちから驚きの声があがることに。

 

靴箱は2本の柱に靴を並べる床板を固定したもので、本来の壁面を傷つけることなく設置されたもの。それを可能にしたのが、DIYブランド・ラブリコのアジャスターだ。使い方は柱となる木材の両端にアジャスターをはめ、ジャッキを調整して“つっかえ棒”のように固定。あとは好きな位置に床板を固定すれば靴棚の完成で、ギャル曽根は「跡も残らないし片づけしやすい。これはいいですね!」「見やすいし取りやすい」と評価している。

 

「ラブリコ」のアジャスターはネジでの固定ではなく突っ張りを利用するので、組み立てだけでなく原状復帰も簡単。達人宅では靴棚だけでなく、キッチンやリビングの壁面にもアジャスターを使って新たな収納棚が設置されていた。固定した柱に穴の空いた「有孔ボード」を設置してフックでモノをぶら下げるなど、工夫次第で収納アイデアも広がるようだ。

 

収納棚以外にも驚きのグッズが!

水回りの収納グッズとして紹介されたのは、DULTON(ダルトン)で販売されている「ソープホルダー」。ギャル曽根が「石鹸はどうしてもヌメりがついてしまう」と語るように、受け皿を使うと石鹸は湿気でヌルヌルになってしまう。対してソープホルダーは吸盤つきの固定金具をタイルなどの壁面に取りつけ、小さなマグネットをつけた石鹸を固定するアイテム。石鹸が乾燥して、ヌメりを防げるというアイデア商品だ。

 

洗面所に設置された「自動歯磨き粉ディスペンサー」は、歯磨き粉チューブの収納性と実用性を備えた便利アイテム。キャップを外したチューブをセットしておき、下部にある口に歯ブラシを差し込むとペダルが押され、必要量の歯磨き粉が絞り出される仕組み。ディスペンサーを見つけたいとうも思わず「ちょっとすごい! 今ビックリした!」と驚きの声を上げ、ノリノリでディスペンサーを試していた。

 

限られた空間で、有効に収納スペースを確保するのはなかなか骨が折れるもの。アイデア収納グッズに興味を持った人はオリジナルの収納スペース作りに挑戦してみては?

TAG
SHARE ON