話題
2018/6/18 10:50

「見た瞬間にヤマヨシだなと思った」“変わり種ポテチのパイオニア”が冷やして食べる「塩あずき味」のポテトチップスを発売!

「わさビーフ」で有名な山芳製菓から「ポテトチップス 塩あずき味」の発売が決定。SNSなどで「あずきバー好きとしては興味ある」「ついに神の領域に踏み込んだのか…」と大きな話題になっている。

出典画像:プレスリリースより

 

井村屋監修の冷やして食べるポテトチップス!

6月25日に発売される「ポテトチップス 塩あずき味」は、「あずきバー」でおなじみの井村屋とのコラボレーション商品。井村屋のあずきパウダーが使用されており、濃厚で深い甘みのある味わいが楽しめるという。

 

注目を集める同商品の特徴は、“ポテチを冷やして食べる”という新しい食べ方を提案していること。山芳製菓は「もちろんそのまま食べてもおいしいですが、ぜひ冷凍庫でキンキンに冷やして食べてみてください」と推奨。また、「冷やして食べた時に美味しくなるように塩味、あずきの風味、甘さなど調整して作りあげました」「この味わいだからこそできる『冷やし』なんですよ」と熱弁をふるっている。


暑い夏にピッタリなポテチの登場に、SNSなどは「ポテチを冷やして食べろだと…?」「塩あずき味って、あずきバーの新商品かなって思ったら予想の斜め上いってた」「これは挑戦してみようかしらね」「塩あずき味って見た瞬間にヤマヨシだなと思った」「冷やし塩あずき味ポテチwww ヤマヨシ頭おかしい(誉め言葉)」と大盛り上がり。

 

発売決定のニュースはすぐさま拡散され、“冷やして食べるポテチ”がヤフーの話題なうに取り上げられ、“塩あずき味”がTwitterトレンド入りを果たした。

 

山芳製菓だから間違いない!?

“冷やして食べる”“塩あずき味”など、未だ人類が出会ったことのないポテチが発売されるわけだが、同商品に期待を寄せる声も多い。というのも、山芳製菓は“変わり種ポテチのパイオニア”と呼ばれる存在だから。

 

2012年には、期間限定で「森永ミルクキャラメルポテトチップス」を発売。その後も山芳製菓の開拓心は留まることを知らず、ポッカサッポロとコラボした「ポッカコーヒー ポテトチップス」、新生姜でお馴染みの岩下食品とのコラボ商品「ポテトチップス 岩下の新生姜味」、森永とコラボして「ポテトチップス 甘酒味」といった怪物級のポテチを生み出してきた。

 

また、今年4月には「ポテトチップス クリームソーダ味」というポテチを発売している。同商品は、シュワっとはじける食感と甘く爽やかな風味が気分を上げるクリーミーなポテチだ。

出典画像:山芳製菓 公式サイトより

 

まったく味の想像がつかないが、実食した人たちからは「クリームソーダ味のポテチ、シュワシュワする! すっげえシュワシュワする!」「2枚ほど口に入れた瞬間クリームソーダの味をふわぁって感じた。なかなか美味しい」「イロモノ系に見せかけて普通においしかったです。ヤマヨシパネェな」といった好評の声が上がっている。

 

食べたら病みつきになってしまうかもしれない山芳製菓のポテチ。「塩あずき味」を見かけた際は迷わずゲットしよう。

TAG
SHARE ON