話題
2018/7/16 17:00

未来はすぐそこ!? まるでSF映画なハイテク電動式モビリティ3選

電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」の登場を皮切りに、ちょっとした移動に使える電動式の乗り物が増えてきました。そこで今回は、近未来を感じられるコンパクトでハイテクな乗り物をご紹介。SF映画やアニメに登場するような、ロマン溢れるアイテムばかりをピックアップしています。いずれ訪れるかもしれない未来の情景を想像しながら見てみると、ワクワクした気持ちになれるかも!?

出典画像:オオトモ 公式サイトより

 

[その1]

ちょっとした移動に最適な電動キックボード

出典画像:Airwheel 公式サイトより

Airwheel
Airwheel Z5
多重折りたたみシステムによって持ち運びにも適した電動キックボードです。一般的なキックボードは足を縦に置いて運転しますが、横に広がったペダル板がついているため自然な立ち姿のまま運転可能。最高時速は20kmに達し、急な坂道でもグングンと力強く登っていきます。また取り外しできるバッテリーにはUSBポートが搭載されているので、スマートフォンなどを充電できて一石二鳥。

 

<注目ポイント>
・持ち運びに適したコンパクト設計
・バッテリーにはUSBポートを搭載
・手続きすれば公道を走行可能
日本の交通法規に則した安全具を装備。車両ナンバー申請などの手続きを行えば、第一種原動機付自転車と同様の扱いで公道を走れます。もちろん歩道ではなく車道を走行し、ヘルメットの装着が必須です。

 

[その2]

精密センサーで車体の安定性を微調整!

出典画像:オオトモ 公式サイトより

ナインボット
ナインボット・ミニ プロ
ナインボットシリーズ「ミニ プロ」は、「セグウェイ」をさらにコンパクト化したようなデザインのスマートモビリティです。飛行機にも利用されているマグネシウム合金をフレーム素材に使い、12.8kgという軽量ボディを実現。スマートフォンと連携すればリモートコントロールもできます。

 

<注目ポイント>
・本体重量12.8kgの軽量ボディ
・スマートフォンとの連動可能
・スピード制限機能も搭載
運転は足の動きで方向をコントロールする「Leansteerハンドル」を用いますが、操作方法は難しくありません。多数の精密センサーが乗り手の微動作を感知し、毎秒200回の速度で車体バランスを調整。さらに時速18km以上を出すとスピード制限機能が働くなど、安全面も考慮されています。

 

[その3]

スマートフォンで設定を調整できる近未来型スケートボード

出典画像:サーフホイールジャパン 公式サイトより

サーフホイールジャパン
サーフホイール ゼロ
陸上にいながら波乗りサーフィンのような感覚を体験できる一輪型の電動スケートボード。中央に大きなタイヤが搭載され、前進や後進、方向転換を直感的に操縦できます。ジャイロスコープセンサーによって走行の安定性をサポートしてくれるので、短時間の練習で乗りこなせるようになるはず。

 

<注目ポイント>
・波乗りのような感覚の一輪型スケートボード
・ジャイロスコープセンサーで安定性をサポート
・スマートフォンとの連動が可能
スマートフォンと連動させると、本体のフロントライト操作やバッテリー残量確認などが可能。さらにパワーや加速度、レスポンスの調整もできるので、設定数値を変えれば様々なパフォーマンスに挑戦できます。

TAG
SHARE ON