話題
2018/8/28 21:00

秋田犬ツーリズムに花火大会! 金足農フィーバーで話題の“秋田県”を楽しみ尽くすには?

8月21日に幕を閉じた「第100回全国高校野球選手権」。今大会は史上初の100万人を超える来場者数を記録。注目の的となったのは「秋田県立金足農業高等学校(以下、金足農)」の大躍進で、決勝では敗れたものの“金足農フィーバー”を巻き起こした。この影響で世間では“秋田県”への注目度も上昇中。そこで今回は、秋田県を楽しみつくすための様々なコンテンツを紹介していこう。

出典画像:一般社団法人秋田犬ツーリズム 公式サイトより

 

秋田県で“秋田犬”に癒されよう!

まず秋田県といえば“秋田犬”。今年5月には平昌五輪の女子フィギュアスケートで金メダルに輝いた、アリーナ・ザギトワ選手に贈呈され話題になった。そんななかで注目を集めているのが、「秋田犬ツーリズム」という秋田犬に出会えるスポットを巡る旅。2016年に大館市・北秋田市・小坂町の連携で「(一社)秋田犬ツーリズム」が設立され、秋田犬を核として地域活性化を目指している。

 

秋田犬に会えるスポットは様々で、例えばJR大館駅には“飛鳥&あこ”という2匹の犬が観光駅長に就任。同駅の近くにある「秋田犬ふれあい処」などで観光客を出迎えてくれる。そして大館市の「ふるさわおんせん光葉館」には、“温(はる)ちゃん”という女の子の秋田犬が。温泉に浸かったあとで温ちゃんと触れ合えば、より温かい気持ちになれるかもしれない。

 

また「(一社)秋田犬ツーリズム」は、コミュニケーションAIなどを開発している「SELF」とコラボ。“AI秋田犬”が観光案内をしてくれるサービスを、12月に向けて開発しているという。画期的な取り組みに、ネット上では「一体どんなサービスになるんだろう…」「AI秋田犬と一緒に観光してみたい!」「面白い町おこしの方法だな」と期待の声が上がっていた。

 

 

秋田県は“花火大会”でも有名!

秋田県は“花火大会”が盛んなことでも有名。日本最大級の花火大会“大曲の花火”は8月25日に実施され終わってしまったが、9月14日には“第95回 増田の花火”が行われる。同花火大会は県内で最も古い歴史を持ち、今年も5000発ほどの花火が秋空を彩る予定。スターマイン5基同時打ち上げや正尺の早打ちなどが見どころだ。

 

秋田フィーバーの火付け役となった金足農は、11月の「お米甲子園」に向けて「金農米」の出品を検討中。「スポニチ Annex」の取材に、金足農の関係者は「農業の発展に協力できるなら、もちろん検討したい」と前向きに答えていた。ちなみに「SANSPO.COM」の記事によると、10月には東京都内で「金農米」をはじめとした秋田県の特産品を販売するイベントが開かれるという。

 

秋田県内の「ローソン」は8月23日より、“金農パンケーキ”を店頭で販売。こちらは金足農の生徒がローソンと共同で開発したパンケーキ。ファンならば是非一度食べてみたいパンケーキだが、現在は品切れになる店舗が続出しているそうだ。

 

“金足農フィーバー”はどれだけの経済効果を秋田県にもたらしてくれるのか。今後の盛り上がりにも注目していきたい。

TAG
SHARE ON