話題
2018/9/7 10:00

2018年はがっかりシルバーウィーク!? 3日間×3日間でも楽しめる“短期or日帰り”イベント

9月に入ると楽しみなのが、「秋分の日」「敬老の日」の2つの休日がやってくる“シルバーウィーク”。しかし今年は曜日の並びが悪く、長期休暇にはならないようだ。そこで今回は、“短期or日帰り”で楽しめるイベントの数々を紹介しよう。

出典画像:「国営昭和記念公園」公式サイトより

 

日帰りでも楽しめるシルバーウィークイベント

9月のカレンダーを見てみると、今年のシルバーウィークは3連休が2つあるだけ。まず15日~17日まで連休があり、18日の火曜日からは平日になる。その後22日~24日が、秋分の日の振り替え休日と合わせて3連休に。これにネット上では、「今年のシルバーウィーク特別感なくない?」「3連休2つはがっかりシルバーウィーク…」といった声が上がっていた。

 

確かに2015年の“5連休”に比べると味気ないシルバーウィークだが、短期でも楽しめるイベントは様々。以下に気になるイベントをいくつか紹介しよう。

 

「コスモスまつり2018」

例えば東京都立川市・昭島市の「国営昭和記念公園」では、9月15日から10月28日にかけて「コスモスまつり2018」が開催される。同イベントの期間中は、首都圏最大数となる約550万本のコスモスが園内に登場。シルバーウィークが含まれる9月中旬から10月上旬にかけては、「レモンブライト」という黄色のコスモスが見ごろを迎えるという。

 

「スモーガスバーグ さいたま新都心」

9月22日~9月24日に「さいたま新都心駅」では、日本最大級の野外フードマーケット「スモーガスバーグ さいたま新都心」が開催。「スモーガスバーグ」とはニューヨーク州ブルックリンで毎週末開催されている移動型のフードマーケットで、日本初開催となった「スモーガスバーグOSAKA」では3日間で2.5万人が来場。今回は関東で初めて開催され、割烹からスペイン料理・イタリア料理など数多くの人気店が軒を連ねる。

 

「道ー1グランプリ2018」

京都府京丹後市で開催されるのは、道の駅のグルメナンバーワンを決定する「道ー1グランプリ2018」。全国1145の道の駅から選考を勝ち抜いた20駅が集結し、地元食材を使った自慢のグルメを振る舞う。同大会は今年で第3回目となるが、過去の2大会でグランプリを獲得している「道の駅 もてぎ」の「もてぎのゆず塩らーめん」も登場。果たして絶対王者を破る“道の駅グルメ”は現れるのだろうか?

 

 

親子で楽しめる体験型のイベント

シルバーウィークを家族と過ごす人も多いと思うが、親子で楽しめるイベントも目白押し。9月24日に兵庫県の「理化学研究所 計算科学研究センター」では、小学生ワークショップ「いっしょにアニメを作ろう!」が開催される。ワークショップを通じてアニメのシナリオ作りに関わることができ、完成した作品のエンドロールには参加者の名前が。また同研究所の名物、スーパーコンピューター「京」を見学できるのも魅力的だ。

 

9月15日~9月17日、9月22日~9月24日の6日間限定で、「イオンモール 千葉ニュータウン」では「親子で遊べる! 光と音のデジタル空間Asobeats♪」が開催。「Asobeats」とは、インタラクティブやプロジェクションマッピングなど、最新の技術を使って作られたデジタル空間。音と映像をコラボレーションさせたゲーム形式の体感型アトラクションもあり、子どもと一緒になって楽しめる。

 

「3日間×3日間」の残念シルバーウィークでも、楽しみ方は無限大。短期間で満喫できるイベントに足を運んで、連休を充実させてみてはいかが?

TAG
SHARE ON