話題
2018/9/15 6:00

「アドテック東京2018」にヤフー 代表取締役社長CEO 川邊 健太郎氏が登壇!

10月4日~5日の2日間、東京国際フォーラムで「アドテック東京2018」開催される。

 

アドテックは世界の主要都市で開催される国際マーケティングカンファレンスで、広告主やエージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集合。アドテクノロジーにとどまらず、あらゆるテクノロジーが企業のマーケティングマネジメントにかかわるようになるなかで、常に最先端の情報を届けている。

 

日本では2009年に初開催され、2018年の今年が10回目。来場者は1万5000人を超えることが見込まれている。

 

この「アドテック東京2018」の基調講演に、ヤフーの代表取締役社長 CEO である川邊健太郎氏が登壇すると発表された。テーマは「データドリブンの本質とマーケティングのこれから」

 

データは“21世紀の原油”。ビッグデータへの期待が高まり、あらゆる産業や分野でその利活用が進められている。2018年、ヤフーも「データの会社」になることを宣言し、執行体制を刷新。100以上のサービスから生まれるマルチビッグデータの利活用に挑戦するヤフーが考える“データドリブンの本質”とは何か。具体的な取り組みを通じて、データ時代におけるマーケティングの展望について語る予定だ。

 

このセッションを聴講するには、キーノートの聴講と展示会場に入場可能な「Visitor Pass」が必要。Visitor Passは10月3日までの事前登録で無料(当日価格は税込5400円)。その他の公式セッションの聴講は有料となっている。

 

 

出典画像:プレスリリースより

 

川邊 健太郎
青山学院大学法学部卒。1995年の大学在学中に有限会社電脳隊を設立、99年代表取締役社長に就任。1999年にピー・アイ・エム株式会社を設立。2000年にヤフー株式会社とピー・アイ・エムの合併に伴い、ヤフーに入社。「Yahoo!モバイル」担当プロデューサーに就任。2006年に「Yahoo!みんなの政治」を立ち上げ。2007年に「Yahoo!ニュース」の責任者となる。2009年株式会社GYAO代表取締役社長に就任し、事業再建に取り組む。2012年、ヤフー副社長 最高執行責任者に就任。2018年4月、最高経営責任者(CEO)。同年6月に代表取締役社長 CEOに就任。

 

 

TAG
SHARE ON