話題
2018/9/17 6:00

デジタル痴漢の被害者続出中!?「Airdrop痴漢」に遭わないために絶対やっておきたいiPhoneの設定

iPhoneやiPadなどApple製のデバイス同士であれば、写真や連絡先などを一瞬で共有できる「AirDrop」。非常に便利な機能だが、現在この機能を悪用する「AirDrop痴漢」が横行しているのはご存知だろうか。

出典画像:Apple公式サイトより

 

突然やってくる「AirDrop痴漢」にご用心!

「AirDrop痴漢」とは、「AirDrop」を使って不快な画像を送りつけてくる新手の嫌がらせ行為のこと。電車や学校など公共の場で被害が多発しており、デバイスの画面に突如不愉快な写真がポップアップされる被害が相次いでいる。

 

今年8月下旬、とある男性Twitterユーザーが「AirDrop痴漢」に遭ったとツイート。どのような画像が送られてきたのかは明かしていないが、「思ってたよりめちゃくちゃ嫌ですね」「痴漢の最悪さを男にも実感させてくるAirDrop痴漢…」と嫌悪感を露わにした。

 

このツイートが拡散されると、ネット上には「え、そんな人いるの? こわ…」「いまはAirDrop痴漢なんていうのがあるのか」「痴漢の仕方もデジタルになったもんだな!」と驚きの声が。また被害に遭ったという人も多く、「電車の中でツイッター見てたら、いきなりAirdrop痴漢されたことあるよ」「いま初めてAirDrop痴漢に遭遇。ひたすら卑猥な形に彫られたバナナの画像が送られてきた」「Airdrop痴漢に遭って不快でしかない。受け取らなかったら何十回も送りつけてきたから皆も本当に気をつけて!」といった声も上がっている。

 

「AirDrop痴漢」を巡っては、すでに逮捕者も。今年7月には、兵庫県の電車内で「AirDrop」を使って女性にわいせつな画像を送りつけた会社員の男が逮捕されている。また8月には和歌山県に住む男が、「女性の恥ずかしがる表情を見たかった」という理由で「AirDrop痴漢」を行い書類送検された。

 

「AirDrop痴漢」の被害に遭わないためには?

突然やってくる「AirDrop痴漢」は、設定によって防ぐことができる。設定方法は「設定」から「一般」を開いて「AirDrop」を選択すると、「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」がでてくるので「受信しない」か「連絡先のみ」を選べばOK。「連絡先のみ」は、連絡先に登録している人だけ受信可能になるというもの。

 

また「受信しない」に設定していても、使いたい時だけラクに設定し直す方法も。画面下部を上にフリックして開く「コントロールパネル」の「ネットワーク設定」(左上にある4つのアイコンが集まる場所)を、強めに押す(3D Touch非対応の場合は長押し)と「AirDrop」の項目が出現。ここから「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」を選ぶこともできる。

 

普段は「受信しない」設定にしておいて、必要な時にだけ「連絡先のみ」または「すべての人」を選ぶのがおススメ。陰湿な「AirDrop痴漢」の被害を受けないために設定を変えておこう。

TAG
SHARE ON