話題
2018/10/6 6:00

【本日開催】「平成」最後の開催は、平成を楽しみ尽くし、未来へ繋げるイベントに~東京モーターフェス2018

10月6日(土)から8日(月)に、東京臨海副都心の特設会場のセンタープロムナードとMEGA WEBで「東京モーターフェス2018」が開催される。

 

過去最大規模で行われる今回は、会場面積を2倍以上に拡充。輸入車メーカーや他業種の協力を得て、前回からの参加メーカーは9月20日時点で15社から26社、出展車両台数は160台から267台以上、プログラム数は18から39と、それぞれ増加。「平成」最後の開催となる今年は「胸にぎゅんとくる。」をテーマに、時代を彩った名車やブームを振り返りながら、大人から子どもまでクルマやバイクの魅力を存分に体感できるイベントとなっている。

出典画像:公式HPより

 

 

4つの「胸ぎゅん企画」

【企画1】
「バックto the バブル!~クルマ・バイクを大きく育てたバブル時代~」

クルマ・バイクを振り返る際に欠かすことができないのがバブル時代。メインステージでは、バブリーダンスで一躍有名となった大阪府立登美丘高等学校のダンス部OGがクルマと初共演。そして、ダンスだけでなく抜群に景気が良かったバブル時代を象徴するクルマやバイクを展示。メーカーが所有する車両や、#キャンペーンに応募した一般の人たちの車両、中古車販売大手の「ガリバー」が出展する車など、30台以上が一堂に集まる。

 

【企画2】
「e-Circuit~新しい時代の走りを『e-Sports』で体感する~」

リアルの世界と並行して、ゲームの世界の“走り”も、スーパーファミコンからプレイステーションを経て、e-Sportsへと進化を遂げた。e-Sportsのモータースポーツカテゴリーを “e-Motor Sports”(e-MS)として位置づけ、そのリアルイベント「e-Circuit」を開催する。“FIAグランツーリスモ チャンピオンシップ2018 ネイションズカップ アジア・オセアニア 選手権 決勝”を行い、リアルとゲームが融合した新しい時代の国内最高峰の走りを体験出来る大会を実施。最終日には、SUBARU、トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、三菱の6社が、それぞれe-Sportsの強豪プレイヤーや、各社が選出したプロドライバーでチームを編成し、「グランツーリスモ 真剣勝負・自動車メーカー対抗戦」も行われる。

 

【企画3】
「痛車天国スペシャル in TMF」

平成時代に起こったオタクブームが影響して、自分の好きなアイドルやアニメキャラクターの世界観を愛車にペイントする“痛車”も、平成のクルマトレンドのひとつ。今回、八重洲出版の協力を得て「痛車天国スペシャル in TMF」を開催し、会場内に痛車天国〜超〜編集部が厳選した痛車を日替わりで10台ずつ展示。痛車に描かれたキャラクターのコスプレーヤーも会場を盛り上げる。10月7日(日)には「~お台場で超ミーティングしよっ!~痛車天国 in TMF」も併催。約200台の痛車たちが、東京モーターフェス2018の会場に大集合。

 

【企画4】
「スペシャルトークショー」

開催初日の10月6日(土)には、マツコ・デラックスさんを迎え、豊田章男会長とのスペシャルトークショーを開催。クルマ・バイクの魅力をマツコさんとのトークを通じて多くの人たちに伝える。

出典画像:プレスリリースより

 

会場内の各エリアでは、クルマ・バイク・商用車の最新車両の展示・試乗体験やデモ走行をはじめ、キッズ向け、女性向けプログラムなど、ひとつの時代の節目の催しとしてクルマ・バイクを楽しみ尽くすコンテンツが多数あり。

 

平成最後となる本年の東京モーターフェスは、「平成を楽しみ尽くし、そして未来に繋げる」お祭りとしたいとの想いで、これまでにはない発想で新しい企画を準備。クルマ好きならぜひとも足を運んでほしい!

TAG
SHARE ON