話題
2018/10/4 17:15

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』

「ぴあ」スマートフォンアプリが、9月28日と29日に公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。

 

第1位は、祖母の力を引継ぎ、妖(あやかし)を見ることができる少年・夏目貴志と、招き猫の姿をした妖・ニャンコ先生の活躍を描いた「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」。第2位は香港映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞に輝いた戸田ひかる監督による長編ドキュメンタリー「愛と法」で、第3位は笑えて泣けるハートウォーミングな青春ドラマが展開する「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」となりました。

 

出典画像:プレスリリースより『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』 (C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 

1位『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』 92.7点

2位『愛と法』92.3点

3位『DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW』 91.8点

4位『ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編』 90.9点

5位『散り椿』 90.0点

6位『クレイジー・リッチ!』 89.5点

7位『クワイエット・プレイス』 87.3点

8位『フリクリ プログレ』 82.3点

9位『運命は踊る』 78.2点

10位『かごの中の瞳』 73.3点

 

1位の「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」には、特に若い人から次のような感想が寄せられました。「ニャンコ先生が可愛かった! ぽっちゃりして食いしん坊で、丸くおさまるところが可愛くって大好き! 可愛いのにカッコイイときもあっておもしろかった!」(10歳・小学生)。「テレビシリーズをずっと観ていたので公開をずっと楽しみにしていた。夏目が妖怪に親身だったり、妖怪が側にいる人に想いを寄せていたりして、現実にいるならこんな妖怪がいいなと思った」(18歳・大学生)。「切ないながらもきれいな終わり方だった。ニャンコ先生は相変らず可愛かった。心が洗われて優しい気持ちになるストーリーだった」(24歳・学生)。

 

2位の「愛と法」には、「みんな他の人とは違うなと思うところがあって、それは別に変なことじゃないし、それでいいんだと思った。ケンカしながらも人との関係は大切にしないといけないし、改めて家族って素晴らしいと思った」(33歳・団体職員)。「日常では触れない法のことがわかってドキュメンタリー映画としておもしろかった。日本は家族の形が周りと違うと否定的な考えを持つ人が多いけれど、どんな形でも家族って素晴らしいと思った」(41歳・自営業)。「取り上げているものが無国籍だったりテーマは重いけれど、所々笑える場面もあって90分があっという間だった。自分の中にも偏見はあるから、オープンにできることは微笑ましいし素晴らしいと思った」(46歳・会社員)、などの意見がありました。

 

3位の「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」の感想は、「最初は笑える話かなと思ったら感動する場面が多くて、プロポーズのシーンは思わずうるっとした。冒頭はミュージカルのような楽しさがあって、それが物語の後半になったときにもちゃんと繋がっていて、振り返りながら楽しめた」(26歳・会社員)。「テレビでは3代目としてダンスを踊っているところしか見ることができないので、全員が歌っているところを見れてすごく嬉しかった! 健ちゃんが指輪を探すシーンは一生懸命でとてもカッコよかったです!」(13歳・中学生)。「『HiGH&LOW』と違って戦ったりしないので安心して観ることができた。面白いし感動する要素もあって『HiGH&LOW』とは違った良さがある。健二郎さんの素なのかな?って思うような役柄が個人的には好き」(25歳・アルバイト)、といったものでした。

 

この週末の映画鑑賞の参考にしてみては。

 

ぴあ映画初日満足度調査とは、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するものです。

TAG
SHARE ON