話題
2018/10/16 6:00

「薄毛対策に毎月かけてもよいと思う金額」は7000円――「薄毛に関する意識調査2018」

「ホットペッパービューティーアカデミー」は、 20~69歳の男女を対象に「薄毛に関する意識調査2018」を実施しました。自身が「薄毛である」と答えた人のボリュームは男性約27%で、女性約9%と男性が高い結果となりましたが、前年比で見ると「薄毛である」と答えた女性の割合が増えました。

 

 

薄毛が気になり出した年齢は年々早まり、男性平均36.3歳、女性平均37.7歳に

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

薄毛が気になり出した年齢は男女ともに年々早まる傾向

気になる目線の対象では、女性の「配偶者」が僅差で前年4位から5位になり「異性の友人」が前年5位から4位にランクアップしました。男性は全ての項目において増加が見られるなど、今まで以上に周囲の目を気にしていることがうかがえます。総務省が発表した8月の労働力調査では、女性の就業率が7割を超え過去最高を更新しました。女性の社会進出が増えてきていることにより、男性の外見への意識が引き続き上がっていると考えられます。

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

 

薄毛対策のかけてもよい金額の上限は7000円

薄毛対策の情報源は、男女ともに「インターネット検索」が1位でした。2位は「TV・ラジオ」。女性は理美容師や知人など身近な人から情報を得る傾向があります。薄毛について話して良かったことの上位は、男性は「対策を知ることができた」「口コミが聞けた」などの情報収集で、女性は「仲間が増えた」など悩みを共有できる相手ができたことでした。

 

男性全体では、薄毛対策に「現在かけている金額(ひと月あたり)」が昨年よりプラス556円、「かけても良いと思っている金額(同)」がプラス307円と、大きく増加しました。20~40代では「現在かけている金額」「かけても良いと思っている金額」ともに、昨年より増加しています。

 

男女ともに薄毛対策にもっとお金をかけてよいと思っているようです。薄毛対策にかけてもよい金額の上限を聞くと、20代男性が最も高く、7000円でした。男性においては、若年の人に危機感があるようです。

 

出典画像:プレスリリース

 

出典画像:プレスリリース
TAG
SHARE ON