話題
2018/10/17 21:15

特技はピアノと声楽! 元局アナの才女・薄井しお里がグラビアアイドルに転身!

日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。この記事では、いま話題の女性有名人を紹介! 今回紹介するのは、グラビアアイドルの薄井しお里。

 

元局アナの水着姿がわがまますぎる!?

出典画像:薄井しお里 公式Instagramより

 

薄井しお里がグラビアアイドルになったのは28歳を迎えた2018年のことで、それまではアナウンサーとして活躍していた。彼女は大学卒業後、東北放送に入社。局アナ時代は、ローカルニュース番組「Nスタみやぎ」などを担当している。その後2015年に退社してフリーアナウンサーに。ちなみに特技は5歳から18歳までやっていたピアノや、高校時代にとりくんでいた声楽など。料理や洋裁なども趣味で嗜んでおり、かなり才女のようだ。

 

そんな彼女がグラビアアイドルに転向し、「脱いだらすごかった」と話題になっている。薄井は今年の8月に、多くのグラビアアイドルを擁する芸能プロダクション「リップ」に所属。9月10日発売の「週刊ポスト」で巻頭グラビアに登場しデビューを飾った。

 

「週刊ポスト」のグラビアではいきなり“水着姿”での撮影に挑戦し、Fカップの豊満なバストを惜しげもなく披露している。元アナウンサーの艶やかな肉体に、読者からは「エッッッッッッッロ!」「肉づきがいい体がえっちすぎる」「ものすごいわがままボディーじゃないか…」「めちゃくちゃタイプでビビった」「おっぱいが素晴らしい」といった声が。あっという間に世の男性たちの視線を釘付けにしてしまった。

 

20代後半にして女子アナからグラドルという異例の転身だが、本人はかなり前向きに活動している模様。「週刊ポスト」のインタビューでは、女子アナの仕事との違いについて「女子アナは、情報を伝える存在。グラドルは、体温を伝える存在」と答えていた。またTwitterでも「初めての撮影、ドキドキでいっぱいでしたが、小学生からの夢だったグラビアにやっと挑戦できたんだと、ドキドキよりもワクワクが大きかった撮影です」と心境を告白している。

 

さらにグラドルとしてのサービス精神も旺盛。グラビアを担当した雑誌が発売された後などには、「袋にとじられちゃうの… 夢でした」「びしょびしょに濡れるの初めてだったからドキドキしました」などと意味深な言葉で宣伝していた。

 

子どもの頃からの夢を叶えた薄井。一体どのような脱ぎっぷりを見せてくれるのか、今後の活躍にも注目したい。

 

プロフィール
名前:薄井しお里(ウスイシオリ)
誕生日:1990年5月28日
血液型:A型
趣味:激辛料理を食べること、洋裁(服を作ること)、料理(和食が得意)
特技:ピアノ(5歳~18歳/耳コピが出来る)、声楽(高校1年~3年)、スポーツ観戦(主に野球)野球のスコアが書ける
出身地:茨城県

TAG
SHARE ON