話題
2018/11/20 6:15

今年の流行はSNSとテレビの相乗効果で生まれた!?――マイナビティーンズ「2018年10代女子が選ぶトレンドランキング」

マイナビが運営する10代女子向け総合メディア「マイナビティーンズ」が、「2018年10代女子が選ぶトレンドランキング」を発表!

 

若者のテレビ離れが言われますが、「ヒトランキング」ではテレビで一躍話題となった人たちが多くランクイン。ドラマのタイトルやキャラクターの髪型がランクインしている「コトランキング」からも、テレビの影響が強くうかがえる結果となりました。

 

このランキングは、2018年に流行した「モノ・ヒト・コト・コトバ」の4ジャンルについて、13〜19歳の女性519人のアンケートを集計したものです。10代女子の間でSNSやネット上でじわじわ流行り始めたモノが、いち早くテレビで取り上げられるようになりました。リアルタイムで観ていなくても、テレビで放送されたものがSNSやネット上で流れ、放送内容を認識していることも理由の一つだと言えます。

 

 

「モノランキング」1位はアジアン・スイーツ

出典画像:プレスリリースより

 

2年連続で食品が1位となったモノランキング。昨年1位の「チーズダッカルビ」から、今年は台湾発のタピオカ屋「ゴンチャ」がランクイン。タピオカ屋が次々と出店されるなかで、特に美味しいと放課後グルメとして大人気になりました。インフルエンサーも誕生するなど、音楽に合わせてリップシンクやダンスの動画を撮影してSNSに投稿する女子高生が増加した「TikToker」が2位でした。無料のインターネットテレビ局「AbemaTV」が3位。「オオカミくんには騙されない」や「今日、好きになりました。」などの恋愛リアリティー番組に登場した出演者が、10代女子から高い支持を得ました。

「ヒトランキング」はドラマ「花のち晴れ」キャストが席巻

出典画像:プレスリリースより

 

ヒトランキングを昨年と比較すると、お笑い芸人がランク外に。一方で、グループで活動するアーティストが多くランクインしました。1位のKing & Princeは、デビューシングル「シンデレラガール」が、メンバーの平野紫耀さんが出演したドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌としても起用されました。

 

同じドラマで真矢愛莉役を演じた今田美桜さんが2位でした。ツインテールにリボンが編み込まれた、通称「愛莉ヘア」を真似する女子高生が多く見られました。ドラマ「サバイバル・ウエディング」で演じた吉沢亮さんが3位。爽やかなイケメンの柏木王子に夢中になる10代女子がSNS上で多数出現しました。

 

 

「コトランキング」は“ダサかっこいい”が1位に

出典画像:プレスリリースより

 

コトランキングもヒトやモノのランキングと連動した結果となりました。1位はDA PUMPのリリースシングル「U.S.A.」で披露されている「U.S.A.」ダンス。“ダサかっこいい”と言われるこのダンスは、文化祭など学校行事でも多く踊られました。

 

モノランキング1位のゴンチャだけでなく、台湾で人気のタピオカ屋が多く日本に出店され、様々なタピオカ屋を巡る10代女子が現れたタピオカ屋巡りが2位でした。ヒトランキングにランクインしている平野紫耀(King & Prince)さんや今田美桜さんなどが出演したドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」が3位。前シリーズの「花より男子」のキャスト陣が登場する場面は、Twitterでも大きな話題でした。

 

 

「コトバランキング」の順位が“エモい”

出典画像:プレスリリースより

 

コトバランキングでは、一昨年ランクインした「おけまる」が、別のコトバと合体した使われ方で再ランクインしました。1位は「エモい」。例えば「この写真エモい(意味:この写真は趣がある)」など、感情が高まったときや感慨深いとき、何とも言えない感情を表現するときなど色々な意味で使われています。

「○○みが深い」が2位。例として、「わかりみが深い(意味:すごくわかる)」「嬉しみが深い(意味:すごく嬉しい、非常に嬉しい)」などがあります。3位の「○○まる水産」は「あざまる水産」や「おけまる水産」など語尾に使われます。「あざまる」や「おけまる」というコトバと「磯丸水産」というチェーン店の名前が合わさってできたと言われています。

 

TAG
SHARE ON