話題
2018/12/13 6:00

「ぴあ映画初日満足度ランキング」1位はインドの感動実話「パッドマン」!

「ぴあ」スマートフォンアプリは、12月7~8日に公開した作品の「ぴあ映画初日満足度ランキング」を発表。

 

第1位は、インドにおいて安全で安価な生理用品の普及に人生を捧げ、2014年にタイム誌で“世界で最も影響力のある100人”に選出された男性の実話を映画化した「パッドマン 5億人の女性を救った男」。シム・ウンギョンとイ・スンギがW主演を務めたラブコメディー「ときめきプリンセス婚活記」が第2位に、タイで最も悪名高い刑務所に収監された青年が、所内にできたムエタイクラブを通じて希望を掴もうと奮闘するさまを描く「暁に祈れ」が第3位となりました。

『パッドマン 5億人の女性を救った男』 出典画像:プレスリリースより

 

1位『パッドマン 5億人の女性を救った男』92.0点
2位『ときめきプリンセス婚活記』 87.0点
3位『暁に祈れ』 83.5点
4位『来る』 82.7点
5位『マチルダ 禁断の恋』 82.3点
6位『青の帰り道』 82.0点
7位『おとなの恋は、まわり道』 72.8点
(12月8日ぴあ調べ)

 

1位の「パッドマン 5億人の女性を救った男」には、次のような意見が寄せられました。「主人公の愛する妻を少しでも清潔に保ってあげたいという気持ちは素晴らしい。自分にはできないなぁと思った」(71歳・男性)。「実話ということは知っていたので、インドの生理事情やその背景を見てすごく驚いた。女性の悩みに男性が立ち向かうというのが興味深かった」(21歳・女性)。「教育を受けたことのない主人公が、文化や社会のタブーに負けずに自分の意思を貫いていく姿がよかった。インドの伝統や文化に根付いて起こる問題についてもよくわかった」(30歳・男性)。

 

2位の「ときめきプリンセス婚活記」には、「コメディタッチで面白かった。展開に波があって真剣なところ、笑えるシーンがあって、恋愛ものだけど、ドロドロしてなくてサラッとしていた」(43歳・女性)。「ロマンチックコメディで、言葉のやり取りに笑ってしまうところが多くあった。最後はドキドキさせられて、ハッピーな気持ちにもなれた」(56歳・女性)。「俳優さんの演技に目を奪われるシーンが多かった。特にヨン・ウジンさんは、こんな役もできるのかとギャップを感じた。韓国は相性を気にするんだなとか、文化も感じられておもしろかった」(53歳・女性) などの意見がありました。

 

3位の「暁に祈れ」の感想は、「ドラマというよりもドキュメンタリーに近い現実味のある映画で、圧倒された。今まで経験したことのない全く知らない世界を味わえた気分。格闘シーンでは、こんな映像が撮れるのかという驚きがあった」(43歳・男性)。「リアリティのある作品で人間の愚かさも描いている。主人公は人間的にすごく愚かだけれど、がむしゃらに進んでいくタフな姿からは、最後まで戦おうという執念を感じた」(54歳・女性)。「作られたドラマじゃなくて、実話を基にしているから終始、緊張感があった。試合の勝ち負けではなく、主人公の生き様にスポットを当てた作りになっていたのもよかった」(53歳・男性) といったものでした。

 

 

週末の映画鑑賞のご参考に!

TAG
SHARE ON