話題
2019/1/20 6:45

61%のカップルが結婚式前に婚姻届を提出、その入籍日に選ばれたのは?――20代、30代女性1200人の実態調査

結婚式を検討するカップルの相談に答える「プラコレwedding」を運営するプラコレは、入籍済みか婚約後の20~30代女性1206人を対象に入籍に関する実態調査を実施しました。

 

平成の最後ということもあり「今年中に結婚式を挙げたい!」という声は多く、また消費税の増税が予定されているため「駆け込み婚」も多くなることが予想されます。

 

出典画像:プレスリリースより

 

入籍するタイミングとしては、全体の61%の人が結婚式前に行ったとの結果が出ています。入籍日は「ふたりの記念日や大切な日」を選ぶのが35%と、最も多かったです。続いて、大安や天赦日(てんしゃにち)など「縁起の良い日」でした。

 

出典画像:プレスリリースより

 

 

「どんな理由で入籍日を決定しましたか?」という質問には。「誕生日」「イベント」「語呂合わせ」など、カップルによっていろんな選び方もありました。

 

特別な例としては、「彼と自分の誕生日を足した日にち」「名字に“山”がつくから山の日」「ふたりのラッキーナンバー」など。また、4月1日は「新生活のスタートっぽいから!」「エイプリールフール(嘘みたいだけど本当の結婚)」といったように複数の理由が挙がりました。

出典画像:プレスリリースより

 

 

2019年に縁起の良いおすすめの入籍日の第1位は、天赦日と大安と並んで縁起が良いとされる吉日の一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)、さらにその大安が重なる9月8日(日)になりそうです。

 

天赦日と一粒万倍日に加えて、婚礼事には良い日とされている神吉日(かみよしにち)が重なる6月26日(水)が第2位に、天赦日と入籍や何か始めるのにはとても縁起のいい日の天恩日(てんおんにち)が重なる11月23日(土)が第3位とみられます。

 

 

TAG
SHARE ON