話題
2019/1/23 6:45

家でお酒を飲むときの気分は「リラックス」が5割弱【お酒の飲用に関するアンケート調査】

マイボイスコムは、「お酒の飲用」に関するインターネット調査を実施しました。

 

お酒を飲む人は7割強と、過去の調査と比べ減少傾向にあります。男性40~70代でそれぞれ8割、女性20~30代では6割弱でした。「週1日以上」は5割。男性20~30代で4割台、男性60~70代では7割弱みられます。

 

お酒を飲みたくなるシーンは、「食事中」が52.9%で最も多く、「食事の前」「外食」「旅行に行ったとき」がそれぞれ3割弱で続きます。「食事の前」は男性高年代層、「仕事のあと」は男性若年層、「誕生日や結婚記念日などのお祝いの席」「家族と一緒に」は女性の比率が高くなっています。

 

飲用者が好きなお酒は、「ビール」が65.0%、「サワー、チューハイ」「ワイン」がそれぞれ40%弱、「日本酒」「焼酎・泡盛」「新ジャンルビール」「発泡酒」「梅酒」がそれぞれ20%台となっています。女性20~40代では、「サワー、チューハイ」が1位です。「ワイン」は高年代層、「サワー、チューハイ」「カクテル」は若年層、「日本酒」「焼酎・泡盛」「洋酒」は男性50~70代の比率が高くなっています。

 

お酒を一緒に飲む人は、「配偶者」「友人(同性同士)」が3~4割となっています。過去の調査と比べ、「配偶者」が減少傾向です。「自分ひとり」は56.2%、男性で7割弱みられます。男性10~50代では「職場の同僚・上司」がそれぞれ3割、女性40~70代では「配偶者」が5割強と高くなっています。その他、20代では「友人(同性同士)」「友人(異性含む)」、女性50~70代では「子ども」も高い傾向にあります。

出典画像:プレスリリースより

 

家でお酒を飲むときの気分は、「リラックスしたい」が48.5%、「ゆったりとした時間を過ごしたい」「リフレッシュ・気分転換したい」がそれぞれ3割となっています。男性20代では「リラックスしたい」「気持ちよく寝たい」が上位にきました。女性30~40代では「リフレッシュ・気分転換したい」「ストレスを解消したい」、女性高年代層では「ゆったりとした時間を過ごしたい」の比率が高くなっています。

出典画像:プレスリリースより

 

外でお酒を飲むときの気分は、「一緒に飲む人と打ち解けたい」「リフレッシュ・気分転換したい」がそれぞれ3割弱、「リラックスしたい」「語り合いたい」がそれぞれ2割でした。女性60~70代では、「ゆったりとした時間を過ごしたい」がやや高くなっています。

出典画像:プレスリリースより

 

TAG
SHARE ON