話題
2019/1/30 6:45

70%以上の男女が自分の薄毛対策に後悔――薄毛に関する調査

髪の悩みの総合メディアを運営するヘアラボは、会員1139人を対象に薄毛に関する調査を行いました。薄毛で悩んでいる男女の70%以上が、薄毛対策は予防としてやるべきと回答しています。

 

男性で薄毛になる前に予防していた人は、わずか7%でした。4人に1人は約3年の間、薄毛だと感じながらも対策をしていなかったことも分かりました。

 

Q:薄毛だと感じて対策を始めたのは、どれくらい経ってからですか(男性編)?

【ヘアラボ調べ】

出典画像:プレスリリースより

 

薄毛だと気づいてから1年以内に薄毛対策を始めた人が最も多かったものの、3割の人は2年以上経過しても何も対策をしていませんでした。3年以上経ってから薄毛対策を始めた人も約26%でした。

 

すでに薄毛となっている約8割の人が、もっと若いころから対策をしておけば良かったと後悔しています。その割合は女性に比べ、男性のほうが約8%高いことがわかりました。20代前半から対策を始めておけば良かったという回答が最も多く、薄毛が気になる以前から予防対策をすべきだったという声が多い結果となっています。

 

女性では7割以上の人が、もっと若いころから薄毛対策をしておけば良かったとの結果を得ました。薄毛が気になり対策をしたいと思っているものの、何も対策をしたことがない人は約5人に1人でした。

 

過去に何らかの対策をしていたけれど、やめた人は約15%。薄毛対策が必要であると自覚していながらも、上手くいっていない人が3人に1人いることがわかりました。もっと若いころから薄毛対策をしておけば良かったと答えた人の中にも、まだ薄毛対策をしたことのない人は2割いました。

 

Q:(まだ何も薄毛対策をしたことがない人に対して)薄毛と感じているのに対策が始められない理由は何ですか?(女性編)

【ヘアラボ調べ】

出典画像:プレスリリースより

自身が薄毛だと感じているものの、薄毛対策を始めることができていない人の一番の理由は、自分に合う対策方法が分からないからというものでした。この回答は男性と比べると8%以上も高く、40%を占めます。薄毛の人が実際に行なっている薄毛対策の1位は頭皮マッサージ、2位は育毛剤/スカルプエッセンスを使う、3位はシャンプー・コンディショナーを変える、でした。

TAG
SHARE ON