話題
2019/2/13 7:00

携帯電話料金、半数近くが今の料金に不満足——携帯電話料金に関する意識調査

日本マーケティングリサーチ機構は、名古屋を中心とした10~70代の男女200人に「携帯電話料金に関する意識調査」を実施しました。毎月の携帯電話料金を5千円から1万円程度に抑えたいという意見が84%と圧倒的。格安携帯電話に切り替える選択肢もあるなかでなかなか踏み切れない理由は、電波が繋がること、通信速度への不安があることも分かりました。

 

今回のアンケート結果からうかがえることは、携帯電話の料金が高く、今後も安くなるのかも分からない、といったもの。格安携帯電話への切り替えも躊躇していることでした。

 

 

Q.今後携帯電話料金は下がるのか

出典画像:プレスリリースより

 

大手携帯電話会社で最も安い料金プランを比較した場合、2GB~5GBでは他国と比べ東京は中位でしたが、20GBでは他国より高くなります。ただし、シェア1位のキャリア同士で比べると、2GB、5GB、20GBいずれのプランも世界のなかでも高い水準という結果も出ました。

 

 

Q.今の料金に関して

出典画像:プレスリリースより

 

2018年に政府が携帯電話料金の値下げについて発言したことをきっかけに、総務省が料金の引き下げについて検討を開始しました。この発言を受けてNTTドコモも「19年4~6月期に2~4割の値下げをする」と発表ました。

 

以前にも高い携帯電話料金について言及したことがあり、総務省が検討を行ったものの、結局は実現しなかったという経緯があります。今後の動きにも要注目です。

 

TAG
SHARE ON