話題
2019/3/12 7:00

親の6割半が「こどもの学力や学歴は教育費次第」——子どもの教育資金に関する調査 2019

ソニー生命保険は、大学生までの子どもがいる20 歳以上の男女に対し、「子どもの教育資金に関する調査」をインターネットリサーチで実施しました。

 

親の6割半が「こどもの学力や学歴は教育費次第」と感じています。夫婦間で教育方針が一致している既婚者は8割強。一方、大半の親に子どもの進学や就活を不安視する傾向が見られます。8割半の親は「多少費用がかさんでも大学等へ進学させたい」との意向を示しました。将来就いてほしい職業では、「公務員」がダントツでした。

 

出典画像:プレスリリースより

大学生までの子どもがいる20歳以上の男女1000 人に、子どもの教育や教育費について聞きました。まず、「子どもの学力や学歴は教育費にいくらかけるかによって決まると感じる」では、「あてはまる」が64.0%となりました。子どもの学力や学歴は、かけられる教育費次第だと考える親が多いようです。

 

「早期の知育や英才教育は子どもの将来のために重要だ」では、「あてはまる」は67.9%となりました。子どもが幼いうちから物事を考える力を育てたり、才能を伸ばしたりする教育を重要だと考える親が多いことがわかりました。

 

「スポーツや芸術の習い事よりも学習塾に教育費をかけたい」では、「あてはまる」40.6%と、半数以下にとどまりました。子どもの将来やさまざまな能力開発などのために、習い事を重視する親が多い実情が明らかとなっています。

 

出典画像:プレスリリースより

続いて、配偶者がいる人(943人)に、夫婦間の教育方針について聞きました。夫婦間で教育方針は一致しているかどうかを聞いたところ、「一致している」は82.0%、「異なっている」は18.0%でした。子どもの教育に関して、基本的な考えや価値観が一致している夫婦は多いようです。

 

 

出典画像:プレスリリースより

子どもの将来について、どのようなことに親は不安を感じているのでしょうか。子どもの生活面で不安を感じている親の割合は、「学校生活」で55.2%となりました。子どもの就学段階別に不安を感じている親の割合をみると、未就学児の親では64.5%、小学生では62.5%、中高生では53.6%、大学生等では40.5%となりました。 また、「インターネットや SNS の利用」に不安を感じている親の割合は65.3%でした。

 

 

出典画像:プレスリリースより

不安を感じている親の割合を父母別にみると、「受験・進学」では父親は71.9%、母親は79.7%となりました。「就職活動」では父親は65.8%、母親は71.6%と、どちらにおいても母親のほうが不安に感じている割合は高くなりました。

 

子どもの性別で不安を感じている親の割合をみると、「受験・進学」は男子の親で80.2%、女子で71.4%でした。「就職活動」では男子の親は74.4%、女子の親では63.0%と、どちらも男子の親のほうが不安に感じている割合は高い結果となりました。

 

 

出典画像:プレスリリースより

子どもの大学等への進学に関する意識についても聞きました。子どもの大学等への進学費用について聞いたところ、「多少費用がかさんでも進学させたい」は86.3%、「費用がかさむなら進学させなくてもよい」は13.7%となりました。

 

また、大学等の入学金・授業料等の費用については、「費用にこだわらず子どもの希望を優先させたい」は77.4%、「費用が極力抑えられる学校を選択させたい」は22.6%でした。進路選択の際、費用よりも子どもの希望を重視している親が多いようです。 海外留学や海外研修については、「多少費用がかさんでも経験させたい」が59.8%、「費用がかさむなら経験させなくてもよい」が40.2%で、子どもの海外経験のために出費を惜しまない親が多数派となりました。

 

 

子どもに将来就いてほしい職業では、「公務員」がダントツでした。女子の親では医療関係が人気となっています。男子の親で1 位となった公務員は「安定しているから」とのコメントが圧倒的多数でした。2 位は会社員で、「普通がいいので」というコメントが多くみられました。3 位の医師は「社会に貢献できるから」などの理由を挙げました。

 

女子の親でも「仕事と生活を両立しやすいから」という理由で、公務員がトップとなりました。2 位は、「命の大切さを学べるから」で看護師。3 位の医師では「医療を通して、人助けをしてほしいから」といった理由でした。

 

TAG
SHARE ON