話題
2019/4/4 7:15

男子の1位は「野球選手」、女子の1位は「先生」――小中学生1000人を対象にした「将来就きたい仕事」に関する調査

アデコは、日本全国の小中学生1000人を対象に、「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査を実施しました。

 

男子の1位は「野球選手」で6.8%。2014年に調査を始めてから、初めて「野球選手」が小中学生男子の「将来就きたい仕事」で1位になっています。女子の1位は「先生」で11.2%。小中学生女子が選ぶ職業では、初めて「パティシエ」以外が1位でした。

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

 

今回の調査では、小中学生女子の「将来就きたい仕事」の10位に、「YouTuber(ユーチューバー)などの動画投稿者」が1.8%でランクインしました。「YouTuber(ユーチューバー)」は、小学生女子の「将来就きたい仕事」でも2.3%で7位。特に、女子の間で人気が高いことがうかがえます。

 

 

男子に目を向けると、中学生男子の「将来就きたい仕事」では、2014年に調査を開始してから、初めて「エンジニア・プログラマー」が8.7%で1位になりました。昨今のプログラミング教育への注目が、子どもたちの将来の夢にも影響していると考えられます。

出典画像:プレスリリースより

 

 

また、「あなたがもっとも好きな教科を教えてください。」と質問したところ、1位は「算数・数学」で20.2%と、選択肢の中で唯一20%を超えました。2位は「国語」で13.3%、3位は「体育・保健体育」で11.3%でした。

 

一方、「算数・数学」は「嫌いな教科」として挙げた子どもも多く、「嫌いな教科」でも24.1%で1位となりました。「国語」と「体育・保健体育」も同様で、「国語」は「嫌いな教科」の2位で14.5%。「体育・保健体育」は「嫌いな教科」の5位で7.1%でした。

出典画像:プレスリリースより

 

TAG
SHARE ON