話題
2019/4/6 7:00

冷房の風が苦手な人へ涼しさだけを届ける、風を感じにくい「無風感冷房」を搭載したルームエアコン「DXシリーズ」発売

東芝ライフスタイルは、強力な空気清浄機能「プラズマ空清」を搭載するルームエアコン「大清快」の新シリーズである「DXシリーズ」の5機種を4月下旬から発売。

 

「風の質」に着目した新開発の「風カットルーバー」による風を感じにくい「無風感冷房」と、センサーが人の快適度を判断して状況に応じ最適な運転を自動でコントロールする「全自動運転」を搭載しています。

出典画像:プレスリリースより

 

 

出典画像:プレスリリースより

 

近年は夏の厳しい暑さを受けて、冷房の使用時間が増加傾向にあります。特に2018年の夏は記録的な猛暑も伴い、同社の調べでは使用時間の増加している人が約70%に上る一方で、体の冷えやだるさなどの体調への影響から、約76%の人が冷房の風にできるだけ当たりたくないと考えていることが分かりました。

 

こうした「風を感じずに涼しさだけを感じたい」というニーズに応え、快適な居心地と寝心地を提案する「無風感冷房」を搭載しました。同製品は、新たに採用した人の体表温度、部屋の輻射温度を感知する「温冷熱センサー」によって、通常の冷房運転状態から、人が快適と判断すると冷風を感じにくい「無風感冷房」に自動で切り替えます。風の質に着目した新開発の「風カットルーバー」により、風の流れを変えることで体感しにくい気流を可能にしました。無線LAN機能を標準搭載することにより、外出先からでもエアコン操作や運転状況の確認ができるようになっています。

出典画像:プレスリリースより

 

 

【DXシリーズの特長】
1.
【快適性】人の快適度をエアコンが判断し、最適な運転に自動で調節する「全自動運転」

内蔵されたセンサーで、運転内容を全てエアコンが自動でコントロールする「全自動運転」を搭載しました。人の体表温度や部屋の輻射温度を感知する「温冷熱センサー」と、温度センサー、湿度センサー、明るさ[日あたり]サーチセンサーが、室温、湿度、昼夜など総合的に人の快適度を判断して、冷暖房の切替え、風量、パワー調整まで状況に合わせた快適な運転を自動で行います。面倒なエアコン設定は一切不要で、夏も冬も快適に過ごすことができます。

 

【冷房】長時間使用しても居心地も寝心地も快適。部屋を冷やしながらも風を感じにくい「無風感冷房」

夏は、人が暑がっていると判断すると強めの冷房風で一気に涼しくし、快適と判断すると冷風を感じにくい「無風感冷房」に自動で切り替えます。

 

「無風感冷房」は、吹出し口に新搭載した「風カットルーバー」で、風の質を変化させることによって実現しました。運転スタート時、当ルーバーは閉じた状態で、センサーが快適と判断すると吹出し口上部を塞ぐように開き、このルーバーに空けられた無数の微小な穴によって風を細断します。この風と、吹出し口下部から出る通常の冷風がぶつかることで風が乱れて風の質が変化、感じにくい冷風を創り出し、冷房を長時間使用しても居心地も睡眠時の寝心地も快適な空間を提供します。「無風感冷房」は、「全自動運転」のほか、通常の冷房運転時でも、リモコンの「風ケア冷房運転」ボタンを押すことで作動させることができます。

出典画像:プレスリリースより

 

 【暖房】冷えやすい足元から体をぽかぽかにする「足元ねらって暖房」

冬は、冷えやすい足元を温冷熱センサーで体表温度を検知。冷たいと判断すると足元をめがけて気流を自動制御します。

出典画像:プレスリリースより

 

 

空気清浄だけでも使える!空気中の汚れ物質を除去「プラズマ空清」

冷房・暖房との併用のほか、単独での運転も可能な、適用床面積8畳の空気清浄機能「プラズマ空清」を搭載しました。プラズマ空清ユニットが、吸い込んださまざまな汚れ物質を帯電させて熱交換器に吸着させることで、PM2.5を99%除去。さらにPM0.1レベルの超微細な粒子(0.09~0.11μm)までも除去することを検証しています。

 

花粉はもちろん、カビや細菌、ウイルス、タバコの煙も集じんできるので、エアコンからはいつも清潔な空気が流れます。吸着した汚れ物質は、冷房・除湿運転時に発生する結露水で屋外に流されていくので、面倒な空気清浄ユニットのお手入れは不要です。単独運転時の電気代は1時間当たりわずか約0.6円で、1年を通じて使用できます。

 

出典画像:プレスリリースより

 

 


2.
【操作性】エアコンの操作や運転状況の確認がスマホで簡単にできる無線LAN機能を標準搭載

同社が提供するクラウドサービスのスマートフォン専用アプリをダウンロードし、エアコンを無線LANでインターネットに繋ぐことで、家の中ではもちろん、外出先からでもエアコン操作や運転状況の確認ができます。

 

また、スマートフォンの大画面&タッチ操作を活かした直感的に操作できる画面設計で、現在の運転状況を視覚的に表示するほか、室温や湿度、タイマーの作動時間など、リモコンでは表示されない情報まで見える化。さらにお手入れの時期など、忘れがちな情報も知らせてくれます。

出典画像:プレスリリースより

 

 

【お手入れ】掃除機で吸引するだけ!面倒なお手入れから開放する「楽ダストボックス」

「フィルター自動お掃除」でダストボックスに自動で集めたホコリは、付属のお掃除ノズルを使って掃除機で簡単に吸引できるので、面倒なお手入れが不要です。お手入れの時期は1年に1回程度です。

出典画像:プレスリリースより

 

 

【省エネ】2つのセンサーで状況に応じてパワーを抑えて運転から電気代も節約できる「ecoモード」

「温冷熱センサー」と「明るさ(日あたり)サーチセンサー」で、明るさや人の在・不在を判定し状況に合わせて運転するため、電気代をかしこく節約できます。

出典画像:プレスリリースより
TAG
SHARE ON