話題
2019/4/13 7:00

文系1位は3年ぶりに“JTBグループ”が、理系は“ソニー”が3年連続で1位にーー20年卒人気企業は?

マイナビは、2020年の卒学生を対象とした「マイナビ・日経 2020年卒大学生就職企業人気ランキング」を、日本経済新聞社と共同で実施しました。文系ランキング(総合・男子・女子)では、JTBグループが3年ぶりに首位に返り咲き。理系ランキング(総合・男子・女子)では、3年連続でソニーが首位となりました。

 

出典画像:プレスリリースより

 

 

文系総合の2位には、前年に首位だった全日本空輸(ANA)が入りました。3位は東京海上日動火災保険。前年34位だった味の素は6位に、前年62位だったコナミグループは8位、前年20位だったソニーミュージックグループは9位と、それぞれ大きく順位を上げています。

 

理系総合の2位は、3年連続で味の素でした。5位の富士通は2007年以来13年ぶり、前年18位だったオムロンは10位と、初のトップ10入りを果たしました。

 

時代の変遷とともにランキングも変化してきました。今年は平成最後ということもあり、平成元年から10年ごとに結果を振り返ってみたいと思います。

出典画像:プレスリリースより

 

文系総合を見ると、バブル景気に沸いていた平成元年は、上位30位のうち「商社」が6社、「銀行・証券」が9社と、それぞれ高い人気を誇っていました。一方で、平成不況により就職環境が底にあった平成11年は、幅広い業界の企業がランクインしています。リーマン・ショックの影響下にある平成21年は「航空・鉄道」や「食品」業界に属する企業の順位が上昇しました。

 

 

出典画像:プレスリリースより

 

理系総合の平成元年は、上位10位のうち7社が「総合電機」で占められていました。平成11年になるとインターネットの普及に伴い、「通信」や「ソフトウエア」の企業が上位に名を連ねます。平成21年では、上位30位のうち6社を「食品」が占め、現在も根強い人気を誇っています。

TAG
SHARE ON