話題
2019/4/16 7:00

購入時の重視ポイントは「デザイン」が6割弱――高級ブランドに関するアンケート調査

マイボイスコムは、「高級ブランド」に関するインターネット調査を実施しました。

 

ブランド品の所有者は全体の5割強で、女性の30代以上では6割強~7割に上りました。所有ブランドの上位を見ると、男性は「バーバリー」「ダンヒル」「ルイ・ヴィトン」、女性は「コーチ」「ルイ・ヴィトン」「グッチ」など。購入時の重視点は「デザイン」が6割弱で、「品質」「使いやすさ」がそれぞれ4割、「価格」「機能性」「素材」がそれぞれ3割でした。

出典画像:プレスリリースより

 

高級ブランドの認知率をみると、「グッチ」「エルメス」「シャネル」は、それぞれ8割です。「エミリオ・プッチ」「マーク ジェイコブス」「ボッテガ・ヴェネタ」などは,それぞれ1~2割にとどまります。いずれのブランドも、女性の認知率が高くなっています。

 

ブランド品の所有者は全体の5割強でした。女性や高年代層での比率が高く、女性の30代以上では6割強~7割です。一方で、男性10~20代では2割強となっています。所有しているブランドは、「コーチ」「バーバリー」「ルイ・ヴィトン」などがそれぞれ2割弱で上位にあがりました。男性の上位は「バーバリー」「ダンヒル」「ルイ・ヴィトン」「コーチ」「グッチ」など。女性は「コーチ」「ルイ・ヴィトン」「グッチ」「バーバリー」「シャネル」などとなっています。

 

ブランド品の所有者に所有アイテムをたずねたところ、「バッグ類」「財布」がそれぞれ5~6割、「ファッション小物(ベルト、ネクタイ、ハンカチ、ストール、マフラーなど)」「時計」がそれぞれ3割となっています。女性の30代以上は「バッグ類」がそれぞれ7~8割、「ジュエリー、アクセサリー」がそれぞれ3割です。「ファッション小物(ベルト、ネクタイ、ハンカチ、ストール、マフラーなど)」は女性の若年層で低く、年代差が大きくなっています。男性30~40代では「財布」が最も多かったです。

 

一番お気に入りのブランドをたずねたところ、全体では「コーチ」「ルイ・ヴィトン」「バーバリー」「グッチ」などが上位にあがりました。男性の上位は「バーバリー」「ロレックス」「コーチ」「ダンヒル」「ルイ・ヴィトン」など。女性は「コーチ」「ルイ・ヴィトン」「グッチ」などが上位でした。

出典画像:プレスリリースより

 

いらなくなったブランド品の処分方法は、「そのまま捨てずに置いておく」が32.0%、「中古品買い取り専門店で売る」が19.0%、「家族や友人・知人などにあげる・譲る」「ごみとして捨てる」がそれぞれ1割強でした。「中古品買い取り専門店で売る」などは、女性での比率が高くなっています。「ネットオークション、フリマアプリなどで売る」は若年層での比率が高い傾向にあります。

 

高級ブランド品を購入する際の重視点は「デザイン」が57.9%で最も多く、「品質」「使いやすさ」がそれぞれ4割、「価格」「機能性」「素材」がそれぞれ3割でした。「使いやすさ」「デザイン」は、女性が男性を約17~18ポイント上回っています。

TAG
SHARE ON