話題
2019/4/23 7:00

61%の専門家が「マーケティングと営業の強化」を2019年の成長戦略に掲げる―「2019年版の住宅市場調査(日本)」

世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを提供する Houzz Japanは、「2019年版 住宅市場調査(日本)」の結果を発表しました。

 

専門家の約60%が、2019年の売上成長を見込んでいると回答しています。同時に、最も重要な成長戦略として「マーケティングと営業の強化」を挙げたことが目立ちました。

 

出典画像:プレスリリースより

 

専門家の59%が、2019年の売上は増加見込みと回答しました。そのうち、48%の専門家が、10%以上の増加を見込んでいます。 事業成長を促すための主な成長戦略としては、「マーケティングと営業の強化」が61%で、「サービスの向上」が46%でした。

 

専門家の53%は、2018年の売上が見込み通り、もしくは上回ったと回答しました。3分の1の専門家は、10%以上の伸び幅でした。それに伴って、建築家の42%が、2017年と比べて2018年の売上が増加したと回答しています。2019年も多くの専門家が売上の増加を見込んでいます。

 

2018年中に従業員を採用して事業を成長させたと回答した専門家は16%でした。従業員の採用にもっとも積極的だったのは工務店で18%。次いで、インテリアデザイナー・インテリアコーディネーターが13%、建築家が11%と、採用に力を入れていました。

TAG
SHARE ON