話題
2019/5/9 7:00

平成生まれのユーザーが選ぶ、「令和」に絶対くる!と思うマンガは?

イーブックイニシアティブジャパンは、「令和」に絶対くる! と思うマンガについて、平成生まれのユーザーにアンケート調査を行いました。

 

出典画像:プレスリリースより

■1位『約束のネバーランド』
「アニメ化もされていて、今最も注目を集める漫画の一つだと思うから」
「伏線、仕掛けがたくさんあって読み応えがあるから」

 

■2位『鬼滅の刃』
「キャラクターがそれぞれ信念を持って生きていこうとする姿が共感しやすい」
「作者による独特なギャグがあったりと地味だが面白い」

 

■3位『暁のヨナ』
「絵がとても美麗なため1コマ1コマ見ていて飽きません。いい意味で少女漫画らしからぬところが多く、戦闘シーンも魅力です」

 

「約束のネバーランド」は連載当初から評価が高く、数々のマンガ賞を受賞しています。どことなく童話のような雰囲気を持ちながら、サスペンス要素もあり、「謎や伏線が多くこの先が気になる!」と男女問わずたくさんの読者の支持を集めて1位になりました。

 

そして、言わずと知れた人気作品の「ONE PIECE」は、さまざまな憶測が飛び交うほど、物語の展開に注目が集まり続けています。「まだまだくる!」と、今後に期待するコメントが多数寄せられました。また、「子供の時読んでいたのと20代になってから読むのとでは、感性が変わるのか新鮮な気持ちで読める!」と、令和でも根強い人気となりそうです。

 

さらに、平成時代に最も好きだった作品についても回答を得ました。

出典画像:プレスリリースより

 

■1位『鋼の錬金術師』
「青春時代ドンピシャだから」「小学生の時から読んでいて未だに読んでいます。アニメも欠かさず観てました」
「中だるみ一切なく、最後の最後までスピード感があって面白い。キャラが味方も敵も関係なく魅力的」

 

■2位『ハイキュー!!』
「部活で辛かったときに心の支えになった」「仲間と共に困難(ひとつの目標)に立ち向かう感じが好きだから」
「高校生の時からハマっていて22歳の現在でも、発売当日に必ず買っているマンガです」

 

2017年に実写映画化も話題になった「鋼の錬金術師」が1位を獲得しました。平成2年に連載を開始した作品もランクインするなど、アニメや映画化などをきっかけに平成生まれのユーザーに認知されたことがわかります。令和生まれのユーザーは、どんな平成マンガに注目するのか楽しみです。

TAG
SHARE ON