話題
2019/5/23 7:15

遂に高校生の部活動加入率49%!――全国47都道府県の現役高校生を対象に調査

エイチジェイは、日本全国の現役高校生597人を対象に、部活動の事情に関するアンケートを実施しました。

 

高校生の部活動への加入率は49%でした。人気の部活は軽音、ダンス、演劇、吹奏楽となっており、運動部の人気が落ちてきています。また、週5~6日ほど活動して、大会などで好成績を狙う部活動はもう古いのかもしれません。今の部活動は、週2~3日で楽しみながら行うのが主流のようです。

 

「部活に入っていますか?」という質問では、「はい」と回答した人は49%でした。部活に入っていない「いいえ」が、わずかながら上回っています。

出典画像:プレスリリースより

 

 

入っている部活はなんですか? という質問で1位になったのは「軽音楽部」でした。人気の理由として、昨今のバンドブームや、人気シンガーソングライターの活躍、バンドを題材とした人気アニメの影響などが挙げられます。ただ、高校生のバンドでも方向性の違いなどにより、解散したりすることも少なくないようです。

出典画像:プレスリリースより

 

2位は「ダンス部」で、こちらも今かなり注目されている部活の一つです。2年前に話題になった”登美丘高校ダンス部”のYouTube動画は再生回数7800万回を上回っており、テレビでも取り上げられるほど話題になりました。日本最大級のダンス大会「DANCE STADIUM(日本高校ダンス部選手権)」の参加者も、年々右肩上がりで増加を続けています。

 

4位の吹奏楽は中学生のころから続けて入部したという子が8割を占めており、高校生になって新しく始めた子は2割でした。未経験から吹奏楽をやるのは高校生にとってはハードルが高いのかもしれません。

活動頻度に関しては、週5〜6日ほど練習がある部活に所属して、大会で好成績を残そうと活動している子は3割でした。週2〜3日で活動頻度の少ない部活動に所属する子は7割と大半です。空いた時間はアルバイトや友達に使うのが主流のようです。

 

部活とプライベートを両立している子も多くいるとみられます。

TAG
SHARE ON