話題
2019/6/5 7:00

全国の15 歳以上の方に聞いた「東京オリンピック事前抽選申し込みに関する調査」

総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングは、東京オリンピックの観戦チケットの事前抽選申し込みを行なった人を対象に、どの式典・競技に申し込んだのかインターネットリサーチを実施しました。

 

全回答者8407 人のうち、38.4%の人が実際に会場で見てみたいと回答しています。また、「開会式」への申し込みは、2 番目の「閉会式」に大きな差をつけるなど、圧倒的な人気でした。競技としては「陸上競技」「サッカー」「水泳(競泳)」「体操(体操競技)」などの競技への申込みが多かったです。

出典画像:プレスリリースより

 

2020 年に開催する東京オリンピックの式典や競技などを、実際に会場で見てみたいかを聞きました。「とても見たいと思う」が13.9%、「見たいと思う」が24.6%と、合計38.5%の人が見たいと回答しています。

出典画像:プレスリリースより
出典画像:プレスリリースより

 

一方で「見たいと思わない」「全く見たいと思わない」と回答した人は、41.3%という結果となりました。全体で見ると、「テレビ中継で十分だから」が51.5%と最も多く、「人が多そうだから」36.4%、「東京オリンピックに興味がないから」が34.3%と続きました。年代別で見ると、年代が上であるほど「テレビ中継で十分だから」と思っていることがわかります。10~30 代に多かったのは、「東京オリンピックに興味がないから」という回答でした。

 

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

 

東京オリンピックを会場で見たいと思うか、という質問に対し「とても見たい」「どちらでもない」と回答した4936 人に、5 月9 日~5 月28 日の期間に観戦チケット抽選の申し込みをしたかどうかを聞きました。「自分自身で申し込みをした」と回答した人が18.8%、「他の人に申し込んでもらった」と回答した人が5.8%となり、合わせて24.6%となりました。居住地別に見ると、一都六県居住者については32.1%の人が申し込みをしたと回答した一方、その他の地域居住者については18.1%にとどまるなど、地域差が大きく生じた結果となりました。

 

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

 

実際に会場で見てみたいと思う式典や競技を聞きました。約7 割の回答を集めた「開会式」が最も人気だといえそうです。次いで「閉会式」「陸上競技」「体操(体操競技)」「水泳(競泳)」と続きました。

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

次に、実際に抽選申し込みをした式典・競技にあてはまるものを聞きました。ここでも「開会式」が最も多く、52.4%と半数を超える人が申し込みをしたと回答しています。

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

自分自身で抽選申し込みを行なった人に、抽選申し込みの手続きが難しかったかどうかを聞きました。全体で見ると、「とても難しかった」と回答した人が16.5%、「難しかった」と回答した人が35.2%となり、半数を超えました。年代別に見ると、インターネットやデジタル機器に比較的あかるいと思われる10~20 代でも、6 割に迫る58.1%の人が難しかったと回答しています。

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

TAG
SHARE ON