話題
2019/7/2 7:00

総合電子書籍ストアBookLive! 読書好きが選ぶ、夏のメディア化作品期待度ランキング

凸版印刷のグループ会社であるBookLiveは、運営する総合電子書籍ストア「BookLive!」で、「2019夏のメディア化作品期待度」と「2019春のメディア化作品満足度」のアンケートを行いました。

 

2019夏の期待度No.1には、TVシリーズは実に4年ぶりとなる第2期「ダンまち」が選ばれました。主人公ベルの新たな冒険や、仲間との出会いが描かれる原作ラノベの第6巻以降にあたることから、映像化を待ち望んだ読者からの喜びの声が多く聞かれました。2位にランクインした「凪のお暇」には、原作ファンの読者から、黒木華さん・高橋一生さんのキャスティングに期待する声が多く寄せられています。3位の「ルパンの娘」は、現代版の「ロミオとジュリエット」ともいえる、泥棒の娘と警察官の恋という設定の小説で、深田恭子さんの配役に期待が寄せられる結果となりました。

 

 

【読書好きが選ぶ、2019夏のメディア化作品期待度ランキング】

「BookLive!調べ」出典画像:プレスリリースより

 

 

1位:【アニメ化】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7月12日~第2期放送予定

「待望のダンまち2期。ラノベやマンガの展開をどう映像化するのか期待」
「続きを待ってました!」
「シリーズ通して観ているので、またどんな世界が描かれるのか楽しみです」
「ダンまち2期待ちくたびれた!またあの面白い世界に連れて行ってくれる」

©大森藤ノ/SBクリエイティブ イラスト:ヤスダスズヒト 「BookLive!調べ」出典画像:プレスリリースより

 

2位:【ドラマ化】凪のお暇 7月~放送予定

「原作もとても面白かったので楽しみです!」
「原作の大ファンなので楽しみにしています。慎二役の高橋一生さんが早くみたい!」
「漫画でも人気の作品なので、映像化になってもっと良かったと思える事を期待してます」
「マンガで読んで、共感の連続だったので。主人公の配役も私的にはぴったりで楽しみ」

©コナリミサト(秋田書店) 「BookLive!調べ」出典画像:プレスリリースより

 

3位:【ドラマ化】ルパンの娘 7月11日~放送予定

「俳優さんに好感、期待が持てます」
「深田恭子さんのアクションが楽しみ」
「泥棒の娘と警察官という正反対の2人の恋愛話という設定がイイ」
「ロミオとジュリエットみたい、ばれたらヤバイ」

©横関大/講談社「BookLive!調べ」出典画像:プレスリリースより

 

 

【読書好きが選ぶ、2019春のメディア化作品満足度ランキング】

「BookLive!調べ」出典画像:プレスリリースより

 

 

1位:進撃の巨人

「3期後半、一気にストーリーが変わる辺り必見」
「巨人の秘密と生き残るための選択、涙なしでは見れません」
「物語の真相へたどり着きそうで目が離せない」
「原作屈指の激しい戦闘シーンを含むエピソードですが、登場人物の心情を掘り下げた丁寧なドラマに仕上がっていて胸が熱くなります」

©諫山創/講談社「BookLive!調べ」出典画像:プレスリリースより

 

2位:鬼滅の刃

「恐い場面もあるけど、笑えるところもあってしんどくない。何よりストーリーが面白い」
「とにかく素晴らしい!映像が綺麗、声優も、豪華。話も面白い」
「原作マンガの作画を最大限に活かしたアニメーションで、特に主人公の剣技を水の流れで表現しているところがステキです」
「全く知らずに何となく見たら、凄く絵が綺麗でストーリーも良くて漫画も買うほどハマった」

©吾峠呼世晴/集英社「BookLive!調べ」出典画像:プレスリリースより

 

3位:きのう何食べた?

「コミックと同様料理が美味しそう。加えて主人公二人の配役も良かった。ほのぼのとして良いドラマだと思います」
「原作も素晴らしいですが、ドラマはその上を行っています。脚本にキャストに文句なしの素晴らしさです。シリーズ化してほしいです」
「何気ない日常の食事。けれどマイノリティであるがゆえの悩みと難しい現実に考えさせられる」
「登場人物が全員個性的でいて、誰も嫌味がない。穏やかな気持ちで見られる」

 

©よしながふみ/講談社「BookLive!調べ」出典画像:プレスリリースより
TAG
SHARE ON