話題
2019/7/19 7:30

初めて自分でクルマを購入したのは「20代」が最多

パーク24は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に「クルマの購入」に関するアンケート調査を行いました。

 

初めて自分でクルマを購入したのは「20代」が47%で最も多い結果に。自分でクルマを購入したきっかけの1位は「免許を取得したから」。購入する際に重視することTOP3は「価格」「デザイン」「性能」となっています。

 

 

出典画像:プレスリリースより

初めて自分でクルマを購入した年齢は「20代」が47%で最も多く、次いで「10代」が21%、「30代」が8%でした。「自分で買ったことがない」は21%となっています。

 

出典画像:プレスリリースより

年代別でみると、20代以下の32%が自分でクルマを購入したことがあると回答しています。1986~1991年のバブル時代に免許を取得した可能性のある40~50代は、10代で購入した割合が他の年代よりも高くなりました。

 

出典画像:プレスリリースより

クルマを購入したきっかけの1位は「免許を取得したから」で38%でした。2位は「欲しいクルマがあったから」で26%、3位は「就職したから」で16%となっています。「免許を取得したから」が最も高かったのは43%の50代。30代以下と比較すると、10ポイント以上の差があります。「その他」には「生活する上で必要だった」という回答が見られました。

 

出典画像:プレスリリースより

クルマを購入する際に重視することTOP3は、1位が「価格」で80%、2位が「デザイン」で74%、3位が「性能」で63%となりました。そのほか、「メーカー」が41%、「状態(中古車の場合)」が22%、「燃料の種類」が19%で、「購入元」を重視する人は7%でした。クルマ保有者、非保有者別でみると、大半の項目で違いは見られなかったものの、「状態(中古車の場合)」が非保有者は29%で、保有者よりも9ポイント高くなりました。

 

自分で初めてクルマを購入するきっかけは、「就職」や「結婚」、「子どもが生まれた」など、生活スタイルや環境に変化があった場合や、「免許を取得」し、運転ができるようになったタイミング、「欲しいクルマがあった」などさまざまでした。

TAG
SHARE ON