話題
2019/7/26 7:30

青春時代の鉄板恋愛ソング—第1位「どんなときも。」2位「小さな恋のうた」3位「First Love」

婚活支援サービスを展開するパートナーエージェント(https://www.p-a.jp/)は、20~49歳の男女2400人に対して、「学生時代の恋愛」に関するアンケート調査を実施しました。

 

20~40代が学生時代に聞いていた恋愛ソングランキングの1位は「どんなときも。」、2位は「小さな恋のうた」、3位は「First Love」でした。

 

 

学生時代によく聞いていた恋愛ソングをふと耳にして当時の甘酸っぱい恋を思い出したり、歌番組で懐かしのヒットソングランキングを見て当時の交際相手を思い出したり、といった経験はないでしょうか。学生時代に聞いていた恋愛ソングを調査し、全体の結果と、さらに世代別に集計したランキングを紹介します。

出典画像:プレスリリースより

 

全体の結果では、1位が槇原敬之の「どんなときも。」で601票、2位はMONGOL800の「小さな恋のうた」で596票、3位は宇多田ヒカルの「First Love」で555票でした。どれも、誰でも知っているような名曲ばかりです。

 

 

出典画像:プレスリリースより

 

20代が選んだ学生時代に聞いていた恋愛ソングランキングは、MONGOL800の「小さな恋のうた」が255票で1位でした。2位はGReeeeNの「愛唄」で214票。3位はレミオロメンの「粉雪」で187票となっています。

 

 

出典画像:プレスリリースより

 

30代のランキングでは、宇多田ヒカルの「First Love」が243票で1位。続いて、MONGOL800の「小さな恋のうた」が242票で2位、レミオロメンの「粉雪」が205票で3位となりました。

 

 

出典画像:プレスリリースより

 

40代のランキングは槇原敬之の「どんなときも。」が282票で1位でした。米米CLUBの「君がいるだけで」が259票で2位。小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」が229票で3位という結果になりました。

TAG
SHARE ON