話題
2019/8/7 7:30

家庭用ウォーターサーバー利用経験者は全体の1割強、現在利用は約4%

マイボイスコムは、「ウォーターサーバーの利用」に関するインターネット調査を実施しました。

 

家庭用ウォーターサーバーの利用経験者は全体の1割強で、現在利用している人は約4%でした。利用しない理由と中止理由ともに「維持費がかかる」「設置スペースをとられる」が上位2位となっています。「水道水やミネラルウォーターなどで十分/満足」のほか、「経済的余裕がない」「水にこだわりがない」「ボトル交換や手入れ等が面倒」なども理由に挙がりました。

 

利用している飲用水を尋ねると、「水道水」が54.6%、「市販のミネラルウォーター」が30.1%でした。「浄水器(蛇口取り付け型)を通した水道水」は19.2%。北海道、東北、北陸などでは「水道水」がそれぞれ7割と、他地域より比率が高くなっています。

 

出典画像:プレスリリースより

 

家庭用ウォーターサーバーを「現在利用している」人は4.3%で、「利用したことがあるが現在は利用していない」の7.0%と合わせた利用経験者は11.3%です。さらに「知っているが利用したことはない」の80.4%を含めると認知率は9割強に上ります。

 

利用したいと思っている人は全体の8.1%、利用したいと思わない人は74.4%でした。利用したい人の比率は、女性10~30代でやや高くなっています。

 

利用し始めたきっかけは、「無料お試し期間があった」が、利用者や経験者の30.2%でした。「店頭、街頭などでのキャンペーンやデモを見た」が21.3%、「おいしい水が飲みたいと思った」「安全な水を利用したいと思った」「家族や友人・知人のすすめ」などが、それぞれ10%台と続きます。

 

ウォーターサーバーのタイプは、「リターナブル方式のボトル(容器を回収し再利用)」が利用経験者の45.9%、「ワンウェイ方式のボトル・パック(容器は使い捨て、ゴミに捨てる)」が34.4%、「水道直結型(POU型)※水道管や蛇口にパイプをつなげ水道水を使う」が8.5%となっています。

 

 

出典画像:プレスリリースより

 

一方で、家庭用ウォーターサーバーを利用していない理由は「電気代、レンタル代など維持費がかかる」「設置スペースをとられる・邪魔」が、まだ利用したことのない人の3割強でした。「それほど水にこだわりがない」「水道水で十分」「ミネラルウォーターや浄水器など、現在飲んでいる水で満足している」がそれぞれ3割弱、「ボトル交換や手入れ等が面倒そう」「経済的余裕がない」がそれぞれ2割弱となっています。「設置スペースをとられる・邪魔」などは、女性40代以上で1位でした。逆に、「ミネラルウォーターや浄水器など、現在飲んでいる水で満足している」は、若年層での比率が低い傾向に。また、北海道や東北、北陸などでは「水道水で十分」の比率が高くなっています。

 

家庭用ウォーターサーバーの利用を中止した理由は「電気代、レンタル代など維持費がかかる」「設置スペースをとられる・邪魔」がそれぞれ3~4割、「水道水で十分」「ミネラルウォーターや浄水器などで十分」「ボトル交換や返却が面倒」「経済的余裕がない」などがそれぞれ2割でした。「水道水で十分」は男性、「設置スペースをとられる・邪魔」は、女性での比率が高くなっています。

TAG
SHARE ON