話題
2019/9/7 7:00

自分へのご褒美、最も効果的なのは?~自分へのご褒美に関するアンケート調査

マーケティングリサーチ会社のアスマークは、全国の男女20~50代の有職者に「自分へのご褒美に関するアンケート調査」を実施しました。

 

自分へのご褒美は、ストレス発散の手段となっています。女性は「食」と「ファッション」、男性は「お酒」のご褒美が多い結果となりました。一方で、その効果は短期的でもあります。最も持続するご褒美は「旅行や遊び」となっています。

 

自分へのご褒美を、多くの人がストレス発散の手段ととらえています。若い人ほど、ストレスがたまったときには、自分へのご褒美を行う傾向が強くなりやすいです。一方で、50代では気持ちがポジティブなときに、ご褒美を実施する傾向が見られます。

 

あなたが「自分へのご褒美」を買おう(利用しよう)と思うのは、どのようなときですか(複数選択可)

出典画像:プレスリリースより

 

 

男女で、自分へのご褒美に差がみられました。女性は買い物、男性はお酒で日ごろのストレスを発散しています。女性は、いつもより高いお菓子や新しい服と靴、男性は、いつもより高いお酒や居酒屋、バーでの飲みが多いです。

 

あなたが直近1か月間で行った「自分へのご褒美」に当てはまるものを全て教えてください(複数選択可)

出典画像:プレスリリースより

 

 

しかしながら、居酒屋やバーに飲みに行っても意欲的にはならず、気持ちの持続が短い結果が見られました。ストレスを発散させるために飲みに行ったものの、その場しのぎにしかならないためと考えられます。気持ちがリフレッシュされ「意欲的」になる傾向は、旅行や遊びにでかけるとうかがえました。

 

「自分へのご褒美」を買った(利用した)後、「また頑張ろう」という気持ちはどのくらい持続できますか。あてはまるものを教えてください。(それぞれ1つずつ選択)

出典画像:プレスリリースより

 

TAG
SHARE ON