話題
2019/9/27 7:30

男女、年代によって増税前の購買傾向には特徴的な違いが見られる結果に――消費増税前に関するアンケート調査

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippaは、アプリを利用しているユーザーに10月からの消費増税前の購買傾向に関するアンケートを実施しました。

 

男女ともに「家電製品」という回答が圧倒的でした。男女別に見ると、男性の回答は「お酒」「タバコ」、女性は「衣類や装飾品」といった違いが見られる結果に。年代別では、男女ともに30代と40代を境に購買傾向が変化しています。

 

「akippa株式会社調べ」出典画像:プレスリリースより

 

 

■10月の消費増税前に買いたいものを教えてください

「akippa株式会社調べ」出典画像:プレスリリースより

増税前に買っておきたいものは、「家電製品」が最も多く46.1%でした。次に多かった回答は、「車」で13.2%という結果となっています。「その他」には、バイクやパソコン、生活必需品などの回答がありました。

 

「akippa株式会社調べ」出典画像:プレスリリースより

男女別で比較してみると、購買傾向に特徴的な違いが見られました。男性は「お酒」「タバコ」「車」などの嗜好品が多く、女性は「衣類や装飾品」「家電製品」「家具」といった、より普段の生活に密接に関わる物が多い結果となりました。

 

 

「akippa株式会社調べ」出典画像:プレスリリースより

年代別で比較してみると、20~30代で多かった回答は「衣類や装飾品」でした。一方で、40代以降は「お酒」「タバコ」などが多い結果に。30代と40代を境に購買傾向に変化が見られました。

 

「akippa株式会社調べ」出典画像:プレスリリースより

 

「akippa株式会社調べ」出典画像:プレスリリースより

年代ごとの割合を男女別で比較してみると、男女では全体的な傾向に大きな違いが見られました。特に「家電製品」の割合では、男性は年齢が上がるにつれて割合が減っていくのに対して、女性は20代が最も低く、年齢が上がるにつれて増えていく傾向がうかがえます。

TAG
SHARE ON