話題
2019/12/4 7:15

第1位は「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」ぴあ映画初日満足度ランキング

ぴあスマートフォンアプリは、11月29日に公開した作品の「ぴあ映画初日満足度ランキング」を発表しました。

 

第1位は、北条司による人気コミック「シティーハンター」をフランスで実写映画化した「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」。アメリカのプロレス団体WWEで、一夜にしてスターとなった女子レスラー、ペイジと彼女の家族の実話を基にした人間ドラマ「ファイティング・ファミリー」が第2位に。台湾で制作され世界各地の映画祭で絶賛を集めたアニメーション映画「幸福路のチー」が第3位となりました。

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』(C)AXEL FILMS PRODUCTION – BAF PROD – M6 FILMS 出典画像:プレスリリースより

 

 

1位の「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」には、次のような意見が寄せられました。「漫画よりも映画のキャラがしっかりしていてわかりやすかった。ところどころギャグが出てきて、笑ってしまうところが多かった。日本の漫画をフランスで実写化するのはどうなのかな?と思っていたけれど、違和感なく気軽に観られた。もし続編が作られたら絶対に観たい!」(51歳・女性)。「アニメより過激! アニメにしかできないこともあるけれど、できる範囲でうまく実写化していてガッカリさせない。期待以上なのでアニメファンの人たちもきっと楽しめると思う」(59歳・女性)。「アニメにはない魅力があった。犯人がなかなか驚きでストーリーに意外性があって面白い。戦うシーンなど迫力もあって楽しかった。もう一回観たい!」(23歳・男性)。

 

2位の「ファイティング・ファミリー」には、「プロレスが好きなので観にきた。家族愛を感じられるところが多いのが印象的。日本ではあまりプロレスを見る習慣はなくなっていると思うけれど、幅広い年代が観られる作品だと思う」(60歳・男性)。「プロレスのバックステージではこんな物語があったのだと楽しく観られた。レスリングシーンもちゃんとしていて、栄光の裏にある家族のことや、ひとりひとりの人間ドラマが面白い。ジーンとくる場面もあった」(32歳・男性)。「サクセスストーリーの王道を行っていて面白かった。アメリカとイギリス、兄と妹の関係性などが描き込まれていて興味深かったし、どう生きるのかそれぞれの人生が見えてくるところがよかった」(50歳・男性)などの意見が寄せられました。

 

3位の「幸福路のチー」の感想は、「日本人にとって台湾は知っているようで知らない国だと思うので、彼らの人生を描いている意味で興味深かった。主人公の想像を交えながら描かれる今作の表現方法は、日本のアニメとはまったく違っていて面白いと思った」(33歳・男性)。「台湾の歴史を学んでいるので観にきた。主人公と自分が同じ年齢だったこともあり、言語の強要など胸が詰まるシーンがあった。絵が可愛いのでそれを入り口に多くの人に観てもらい、台湾の歴史を知ってほしい」(44歳・女性)。「とにかく終始涙が止まらなかった。いろいろな人生があり別れがあり、すごく切ないけれど、自分の人生と重なるところもあって、出会いがあったら別れもくるって当たり前だけど考えさせられた」(46歳・女性)といったものでした。

 

 

ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するものです。

TAG
SHARE ON