話題
2020/2/5 7:30

直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人は、コンビニ利用者の6割

マイボイスコムは、「コンビニコーヒー」に関するインターネット調査を実施しました。直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人は、コンビニ利用者の6割となっています。

 

そのうち、「セブン-イレブン」で購入した人は7割強。「ローソン」は過去調査と比べて増加傾向にありました。直近1年間に購入した人の飲用場所は、「車の中」が5割強で、「自宅」「職場や学校」がそれぞれ20%台となっています。

出典画像:プレスリリースより

コンビニエンスストア利用者のうち、直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人は6割でした。週1回以上の購入者は全体の2割強で、直近1年間に購入した人の4割弱となっています。

 

出典画像:プレスリリースより

直近1年間にコンビニコーヒーを購入したコンビニエンスストアは、「セブン-イレブン」が74.1%でした。「ローソン」「ファミリーマート」が、それぞれ5割弱となっています。過去調査と比べて、「ローソン」は増加傾向に。地域別で見ると、四国では「ローソン」が1位、関東や中部では「ファミリーマート」が2位となっています。

 

コンビニコーヒーを購入する理由は、「価格が安い」「値段の割においしい」「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」が4~5割でした。「味が本格的」「できたてが飲める」「気軽に買える」が、それぞれ3割弱で続きます。コンビニコーヒーを主にセブン-イレブンで購入する層では、「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」が他の層よりやや高くなっています。

 

コンビニコーヒーを購入する際に重視する点は、「味」「価格」「香り」が4~6割と上位トップ3でした。また、「容量、サイズ」「コクがある」「本格的」が2割前後で続きます。「容量、サイズ」については、女性の比率が高い傾向に。コンビニコーヒーを主にセブン-イレブンで購入する層では、「味」「香り」がやや高くなっています。

 

出典画像:プレスリリースより

コンビニコーヒーの飲用場所は、「車の中」が52.2%、「自宅」「職場や学校」がそれぞれ20%台でした。「自宅」「職場や学校」は、若年層の比率が高くなっています。

 

コンビニコーヒーを利用したいと思っている人は、「利用したい」「まあ利用したい」を合わせて50.7%でした。直近1年間の購入者では8~9割、非購入者では3割弱、購入したことのない未経験者では約6%となっています。コンビニコーヒーを主にセブン-イレブンで購入する層では、「利用したい」という強い意向が5割強と、他の層よりも高い傾向がうかがえます。

TAG
SHARE ON