話題
2020/3/4 7:15

妊娠を経験した女性の「陣痛タクシー」認知度は86%

東京都内で妊婦向けの「陣痛タクシー」を展開する日本交通は、妊娠に関するアンケート調査を実施しました。妊娠を経験した女性における「陣痛タクシー」の認知度は86%となっています。妊娠がわかってから生活の中で気をつけたことは「食事」が最も多く、妊娠中に体験してうれしかったことの1位は「体調を気づかう言葉をかけられたこと」でした。妊娠中に利用して良かったものは「妊娠中の衣服」「妊娠・出産の関連書籍」が上位となっています。

 

陣痛タクシーとは、陣痛時に最優先でタクシーを手配し、妊婦さんを病院まで送るサービスです。お迎え場所やかかりつけ病院、出産予定日などを事前に登録することで、簡単にタクシーを利用できます。

 

出典画像:プレスリリースより

今回調査の前に行った予備調査では、「妊娠・出産の経験がある」と答えた女性3692人のうち、86%にあたる3171人が「陣痛タクシーを知っている」と回答しました。そのうち「サービスに登録した」と答えた人は1467人に上ります。認知率と利用率ともに高く、妊娠をされた女性の間では欠かせないサービスの一つであることがうかがえます。

 

出典画像:プレスリリースより

妊娠がわかってから、生活の中で気をつけたことを聞いたところ「食事(食べるもの、飲むもの)に気をつけた」と回答した割合が最も高く、75%を占めました。「身体に負担がかからないようにした」が66%、「人混みを避けるようにした」が47%と続きます。

 

出典画像:プレスリリースより

妊娠中に体験してうれしかったことを聞いたところ「自身の体調をきづかう言葉をかけてもらったこと」と回答した割合が59%で、最も高い結果に。次いで「電車やバスの公共交通機関で席を譲ってもらったこと」「元気な赤ちゃんが生まれるようにと励ましのメッセージをもらったこと」がともに50%を超えました。

 

出典画像:プレスリリースより

妊娠中に利用して良かった商品やサービスを聞いたところ、「妊娠中に使用する衣服」と回答した割合が58%で最も高い結果となりました。次いで「妊娠・出産に関する本や雑誌」「出産後に必要になるアイテム」「安産祈願」「陣痛タクシー」の順となっています。

 

出典画像:プレスリリースより

「陣痛タクシー」に登録するとともに、陣痛時にはサービスを利用した154人に対して、5段階で満足度を聞いたところ、「非常に満足している」「やや満足している」と答えた割合が最も高かった項目は「事前に登録できる安心感」でした。その割合は90%に上ります。

 

キッズタクシーサイトイメージ 出典画像:プレスリリースより

日本交通では、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)®の一つとして、社内の資格を有した専属の乗務員が子どもの学校や塾などの送迎を行うキッズタクシーのサービスも行っています。アプリで簡単に注文ができるだけでなく、選りすぐりの乗務員が担当します。2011年のサービス開始から、多くの家庭で利用されています。

TAG
SHARE ON