話題
2020/2/19 7:15

第1位は「MAN WITH A MISSION THE MOVIE ‐TRACE the HISTORY‐」ぴあ映画初日満足度ランキング

ぴあスマートフォンアプリは、14~15日に公開した作品の「ぴあ映画初日満足度ランキング」を発表しました。

 

第1位は、“頭はオオカミ、身体は人間”という謎めいた5人組ロックバンドの魅力に迫る音楽ドキュメンタリー「MAN WITH A MISSION THE MOVIE ‐TRACE the HISTORY‐」。2020年に球団創設85周年のメモリアルイヤーを迎える“阪神タイガース”初の公式ドキュメンタリー「阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~」が第2位に。オノ・ナツメの人気漫画をアニメ化したTVシリーズのスタッフとキャストが再結集した劇場版「ACCA13区監察課 Regards」が第3位となりました。

『MAN WITH A MISSION THE MOVIE ‐TRACE the HISTORY‐』(C)2020 “TRACE the HISTORY” FILM PARTNERS 出典画像:プレスリリースより

 

1位『MAN WITH A MISSION THE MOVIE ‐TRACE the HISTORY‐』93.9点
2位『阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~』92.9点
3位『ACCA13区監察課 Regards』92.8点
4位『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』91.8点
5位『山中静夫氏の尊厳死』91.3点
6位『1917 命をかけた伝令』89.8点
7位『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』88.4点
8位『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』80.0点
9位『影裏』77.9点
10位『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』75.9点

 

1位の「MAN WITH A MISSION THE MOVIE ‐TRACE the HISTORY‐」には、次のような意見が寄せられました。「ファン歴が長いのでいろいろなことを知っていると思っていたが、初めて知ることもあり裏側が観られてよかった。メンバー4人がしゃべっているところは特に印象に残っている」(40歳・女性)。「このドキュメンタリーはバンドメンバー側からではなく、第3者の視点から描かれているのでそこがおもしろいなと思った。音量のバランスが均一でないのもライブ感があってよかった」(34歳・女性)。「デビューからの10年間がまとめられていて、順を追って彼らの成長を観ることができた。裏で支える人たちや関係者の話を聞くことができて、信頼関係が見えた」(47歳・女性)。

 

2位の「阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~」には、「めちゃくちゃよかったです。サイコーでした。熱くなりました! 昔の名場面やバックスクリーン3連発とかファンの方は必見です。観ないと始まらないって感じです」(35歳・男性)。「昔の選手のことを知らなかったので映画で観ることができてよかった。江夏さんのシーンや、鳥谷選手のバックスクリーンのサードゴロの場面とかが特に印象的だった」(18歳・男性)。「普段は見られない舞台裏が観られて、いつも選手がどんなことを考えているのか知れてよかった。バックスクリーン3連発は本当にすごい。感動して泣いちゃいました!」(42歳・女性)などの意見が寄せられました。

 

3位の「ACCA13区監察課 Regards」の感想は、「夏目真悟監督とTV版のチームが再結成すると聞いて楽しみだった。画のキレイさはもちろん、ストーリーがTV版と比べてより丁寧に描かれていたことに感動した」(27歳・女性)。「TVアニメ版の後日談という感じの内容だった。ラストの台詞にストーリーの集約点があった気がする。帰結した後のキャラクターの成長が観られるので楽しかった」(42歳・女性)。「大きいスクリーンで観ると作品の世界の空気感に入り込めた。『ACCA』は説明しすぎないので先が気になるような、次への引きがあるところと、どのキャラも立っているところが魅力」(34歳・女性)といったものでした。

 

 

ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するものです。

TAG
SHARE ON