話題
2020/2/25 7:15

10代の約4割が、「今年もタピオカドリンクを積極的に購入したい」――タピオカドリンクに関する実態調査

ジャストシステムは、「タピオカドリンクに関する実態調査」の結果を発表しました。

 

2019年は、10代と20代の4割以上が、「月に1回以上購入」する結果に。地域別で、「週1回以上、タピった」人が最も多かったのは「関東」でした。そんな人気のタピオカドリンクを注文するまで、「30分以上」並んだ経験をした人は約2割に上ります。「今年もタピオカドリンクを積極的に購入したい」年代は、特に10代で多く約4割でした。

出典画像:プレスリリースより

 

2019年にタピオカドリンクを飲んだことがある人に、購入頻度を聞きました。最も多かった回答は、「1カ月に1回未満」で44.4%となっています。次いで、「1カ月に1回程度」が14.7%、「2週間に1回程度」が7.7%でした。「ほぼ毎日」と回答した人も3.4%います。

 

「1カ月に1回以上」と回答した人は34.9%でした。年代別に見てみると、10代が43.7%、20代が42.0%、30代が37.2%、40代が30.8%、50代が20.7%となっています。10代と20代の4割以上は、タピオカドリンクを月に1回以上は購入していたことがわかりました。

 

購入頻度を地域別に見てみました。「週に1回以上」と答えた人の割合が最も高かった地域は「関東」で17.5%となっています。「近畿」が12.2%、「中国」が12.0%と続きました。

 

注文までにかかった最長時間を尋ねたところ、28.4%の「10分以上、30分未満」が最も多い結果に。続いて、「10分未満」が21.7%、「30分以上、1時間未満」が13.3%でした。「1時間以上、2時間未満」と答えた人は4.5%、「2時間以上」の人も3.1%いました。「30分以上」待った経験がある人の合計は20.9%となっています。

 

2020年も「積極的に購入したい」と答えた人は25.1%でした。年代別に見てみると、10代が37.4%、20代が33.5%、30代が29.7%、40代が13.7%、50代が9.1%となっています。10代の約4割や、20~30代の約3割は、引き続き今年もタピオカドリンクを積極的に楽しみたいと思っているようです。

TAG
SHARE ON