話題
2020/4/29 0:15

「大学生が選ぶ “2020年ヒット予想ランキング”」第1位は5G

マイナビが運営する大学生向け総合メディア「マイナビ学生の窓口」は、「大学生が選ぶ『2020年ヒット予想ランキング』」を発表しました。

 

第1位は5G(ファイブジー)となっています。大学生ランキングの全体的な特徴としては、AI(人工知能)やVR(仮想現実)、eスポーツ、AI家電などテクノロジーへの興味関心が高いことがうかがえました。また、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、感染症対策や除菌関連のキーワードが、大学生や一般それぞれのランキングで上位にランクインしています。

 

出典画像:プレスリリースより

 

出典画像:プレスリリースより

 

大学生が選ぶ「2020年ヒット予想ランキング」の第1位に輝いたのは、30.3%の回答を集めた5Gです。主な理由として「通信が速くなるから」「医療での活用が期待されるから」「世の中を大きく変えるかもしれないから」など、次世代通信に対する期待でした。5Gは一般ランキングでも3位にランクインするなど、世代を問わず注目されています。

 

社会人として働く前にもかかわらず、「コロナウイルスによって在宅勤務やテレワークが増えたから」「コロナウイルスの流行によりその良さが見直されているため」「コロナウイルスを契機に働き方改革の一環として浸透していきそうだと思ったため」と、今後の働き方改革への影響を予測する意見が集まる形で、「在宅勤務やテレワーク」が24.8%を占め第2位となりました。一般ランキングでは1位にランクインしています。「昨今増えてきていて、それで仕事が回っている気がするから」「これまでの会社の在り方の変革」と、その良さに着目した意見が多く見られました。

 

12月31日をもって活動を休止することを発表した人気アイドルグループの嵐が解散することへの、嵐ロスが24.2%と第3位でした。「アイドルのトップがいなくなるから」「ファンが大勢いるから」「国民的グループの活動休止は大きな衝撃だと思うから」などの理由から、世代を超えて根強い人気を誇るアイドルグループの解散は、大学生にとって大きな衝撃となったようです。一般ランキングでは8位にランクインしました。

 

一般では20位以内にランクインしなかった音楽や動画、漫画や書籍などのサブスクリプションサービスも、大学生ランキングでは15位と16位に。「新型コロナウイルスによる自宅待機時の暇つぶしになるから」「周りの子がみんな利用している」「サブスクが当たり前の時代になりそう」などさまざまな意見がありました。大学生を中心に今後さらに受け入れられていく可能性がありそうです。

 

就職活動についても、リアルでの対面型面接の機会が大幅に減少したことにより、WEB面接が大学生で9位、一般で10位にランクインしました。大学生からは「新型コロナウイルスのこともあり、WEB上での面接が必然的に行われると思う」「実際にそうなっているから」と現状を受け入れる声が多く、一般からも「平等の機会」「移動せず簡単に出来るから」といった好意的な声がありました。外出の自粛が求められている中、WEB面接が浸透することで、就活生にとってはこれまで距離的な理由で諦めていた遠方の企業を受けるきっかけになるかもしれません。

 

TAG
SHARE ON