話題
2020/5/13 7:15

難関大学に合格した先輩はどんな英単語帳を使っていた?——一番使われている英単語帳は「システム英単語」

HUSTARが運営するオンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」の編集部は、現役大学生を対象に「受験生の時に使用していた英単語帳」について調査しました。

 

最も支持を集めたのは、「システム英単語」となっています。続いて、「ターゲット1900」「鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁」の順となりました。

 

出典画像:プレスリリースより

第1位は、受験生の4割が使用した「システム英単語」となっています。必出2000語と多義語180語、ミニマル・フレーズの長い例文が大きな特徴です。延べ25年分などの大学入試問題をもとにしたデータベースを参考に選び抜かれた英単語であることが、大きな支持を得ている理由かもしれません。

 

28%の支持を集めた「ターゲット1900」が、第2位に。一語一義の単語そのものを「でる順」に並べているのが特徴です。それだけではなく、入試で最も出やすい単語を分析し、その意味を一番大きく表示しています。

 

「鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁」と回答した人は11%でした。毎年200人以上の東大合格者を輩出し、開成や筑駒、桜蔭生が最も数多く通う鉄緑会秘伝の英単語帳になります。難関大学を目指す受験生におすすめしたい英単語帳です。

 

その他と回答した人は、22%でした。英単語帳は、1人ひとりの学習目的に合ったものを選ぶことが大切です。トップ3以外の英単語帳を使用する人も少なくない結果となりました。

TAG
SHARE ON